6組の視点が映し出す「東京」の姿『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH展』開催

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH展』が6月16日から東京・六本木 蔦屋書店 2F BOOK GALLERYで開催される。

「東京」を舞台に写真、映像表現を通じてまだ見ぬ都市と社会と人々の姿を探求し、新たなビジョンを未来に受け継ぐことを目的としたアートプロジェクト『東京フォトグラフィックリサーチ』。発起人である写真家の小山泰介とキュレーターの山峰潤也を中心に、写真家、現代美術家、建築家、メディアアーティスト、音楽家、デザイナー、プロデューサー、編集者によるウェブプロジェクトや展覧会、トークイベント、リサーチプロジェクトなど様々な活動を展開している。

同展では、小山泰介、顧剣亨、永田康祐、細倉真弓、三野新+網守将平、渡邉庸平の6組の作家が制作した写真、映像作品を展示する。

イベント情報

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH展』

2020年6月16日(火)~7月26日(日) 会場:東京都 六本木 蔦屋書店 2F BOOK GALLERY 時間:9:00~22:00
  • HOME
  • Art,Design
  • 6組の視点が映し出す「東京」の姿『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH展』開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて