ニュース

KIGIがグラフィックデザイン担当、「hotel Siro」7月に西池袋にオープン

hotel Siro
hotel Siro

「hotel Siro」が7月3日に東京・西池袋にオープンする。

ホテルコンサルティング事業を主とするアスリードが運営するhotel Siroは、地上10階、総客室数41室で構成。全室が異なるデザインとなっており、内装デザインをMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO、SO,u、CAPD、グラフィックデザインをKIGIが担当した。最上階の10階から繋がるグランピングエリアではキャンプを楽しむこともできるという。

各客室にはテンピュール社製のベッドが完備されているほか、タオルには今治の「Royal-Phenix of the seas」、ルームウェアには「TETELA」、カップには「KIKOF」、ティーセットにはオーストラリア・メルボルン発オーガニックティー「LOVE TEA」、バスアメニティとして京都のオーガニックコスメ「MEMOHAMO」を用意。歯ブラシやコーム、カミソリには石灰石を主原料とした新素材で、石油由来プラスチックの使用量を削減できる「LIMEX」が採用されている。

原田真宏(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO)のコメント

街に泊まるホテルがいい。
何を当たり前なことを、と言われるかもしれない。
しかし、訪れた街そのものに自分が一晩過ごしたと言える経験を持つ人は、果たしてどれほどいるのだろうか。
街路から扉をくぐってクローズドなロビーでチェックイン。
エレベーターの箱に入り、薄暗がりの中廊下を通って玄関ドアを開け、水周りブロックを抜けて、ようやく部屋に辿り着く。
空間は街から何重にも隔てられ、例えば「東京」にいる自分、よりも、「〇〇」というホテルブランドにいる自分、しか意識されないんじゃないだろうか。それは旅人として大変につまらない、と常々思っている。
だから、ここで僕たちが実現したかったのは、その特別な「街」そのものに泊まるホテル、である。
街のストリートが幾層も積み重ねられたかのような構成で、街路から直接つながるそれぞれ特徴的な階段を上ると、そこは風が吹き抜ける外廊下。部屋部屋はこの路地的な外廊下に直接面していて、伝統的な日本旅館のような縁側アクセスと土間を持つ部屋の構成は、新しく現代的でありながら日本的でもある。障子と引き戸を開け放てば、池袋の町並みが眼下に広がり、旅の“只中”にいる自分を豊かに感じることができるだろう。
旅人のことを「渡り鳥」と呼ぶのはドイツだったか。
都市のとまり木のようなこのホテルで、鳥のように、街に抱かれて眠ってほしい。

KIGIのコメント

「白」という漢字の構造は、このホテルを象徴していると考えた。
四角い層になっている構造の上に、斜めに線が引かれている。
その斜めの線はこのホテルの最上階にあるテントのタープを表していると解釈し、漢字の「白」をロゴにして、この建築のようにできるだけシンプルに削ぎ落とした設計にした。
また、原田氏から“旅をする人の止まり木のようなホテルにしたい”という想いをお聞きしたので、鳥(白いフクロウ)と植物(白いカラーの花)を描いた。白いフクロウは最強の運があると言われている。待ち合わせスポット“イケフクロウ”が池袋の駅にあることも、描くきっかけとなった。
白いカラーの花は、清く美しい清潔感の象徴として描いた。このふたつの絵を並べることで黄色い嘴(くちばし)と黄色い肉穂花序(にくすいかじょ)が呼応し合い、美しさを引き立て合う。
1階のカフェにこれらの大きな絵を飾り、外階段には小さな目印になればと、白いフクロウの照明を設置した。また、コースターやレターセットなどにもこれらのグラフィックを展開している。さらにキギが手がけているKIKOFのカップを各部屋に置き、従業員が使用するエプロンもKIKOFのエプロンを提案させていただいた。

hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
hotel Siro
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催