イ・ランの新シングル『患難の世代』配信リリース、角銅真実ら参加

イ・ランのニューシングル『患難の世代』が、本日6月20日に配信リリースされた。

3月に開催予定だった来日公演が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止となったイ・ラン。楽曲“患難の世代”は、黒岡まさひろ(ホライズン山下宅配便)と仲原達彦によるイベント『新曲の部屋』をイ・ランとパク・ダハム(ヘリコプター・レコーズ)が受け継いだソウル版『新曲の部屋』の最終回で制作された楽曲で、後にコンピレーションアルバムに収録された。

シングル『患難の世代』は、現在制作中のアルバム『患難の世代』の収録曲から先行配信されるもの。シングルには“患難の世代|The Generation of Tribulation(feat. Unnie Choir)”“患難の世代|The Generation of Tribulation(Manami Kakudo Version)”の2曲を収めている。“The Generation of Tribulation(feat. Unnie Choir)”バージョンには韓国のカルチュラルフェミニスト団体「Unninetwork」の一員である合唱団Unnie Choirをはじめ、イ・ヘジ(Vc)、キム・ヨンフン(Dr)、メ・ジウク(Ba)、イ・ジョンウ(Gt)が参加。“The Generation of Tribulation(Manami Kakudo Version)”バージョンは角銅真実がプロデュースとアレンジを手掛けた。

あわせてティザーPVも公開。写真家・志賀理江子の作品『Bline Date』からの未発表映像との共作となり、後部座席から手を伸ばし、運転手の目を隠して疾駆するスクーターを追いかけたモノクロの映像に、「患難の世代」が乗るという内容だ。

リリース情報

イ・ラン
『患難の世代』

2020年6月20日(土)配信リリース SDDS-001 価格:300円
1. 患難の世代|The Generation of Tribulation(feat. Unnie Choir) 2. 患難の世代|The Generation of Tribulation (Manami Kakudo Version)
  • HOME
  • Music
  • イ・ランの新シングル『患難の世代』配信リリース、角銅真実ら参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて