Chara、SIRUP、TENDRE、BASIら参加 リモートコラボ企画『TELE-PLAY』始動

リモートコラボ音楽制作プロジェクト『TELE-PLAY』が始動した。

小西遼(CRCK/LCKS、象眠舎)が発案、プロデュースを手掛けた『TELE-PLAY』は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中、リモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト。作詞、作曲、レコーディング、ミックス、PV撮影など楽曲制作にまつわる全ての行程が完全リモートで行なわれる。

第1弾楽曲となる“あいにいきたい”には、Chara、SIRUP、TENDRE、BASI(韻シスト)、屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O(CIRRRCLE)、挾間美帆らが参加。6月30日から各音源配信サービスで配信開始するほか、PVが同時公開される。楽曲制作とPVのドキュメント映像も追って有料コンテンツとして配信。本日6月24日21:00から放送のJ-WAVE『SONAR MUSIC』で初オンエアされる。

自粛期間が明けた際には、音楽活動が制限されているアーティストのために、レッドブルとパートナーシップを組んで同企画のライブストリーミングをRed Bull Music Studios Tokyoで行なう予定だ。

  • HOME
  • Music
  • Chara、SIRUP、TENDRE、BASIら参加 リモートコラボ企画『TELE-PLAY』始動

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて