山田杏奈と鈴木仁がW主演 岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』

今秋公開予定の映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』のメインキャストと第1弾ウェブビジュアルが発表された。

1989年に刊行された岡崎京子の同名漫画をもとにした同作は、2人の男女の平行線の恋を描いた作品。「スクラップ&ビルドのトーキョーに置いてきぼりを喰ったような気分」の高校生・渋谷ハルコは、神奈川ケンイチへの思いを「世紀の恋」だと信じて夢中になるが、一方の神奈川ケンイチは受験を目前にして学校を辞め、危険な香りのするマユミに恋をするというあらすじだ。脚本と監督は、映画『PARKS パークス』やドラマ『セトウツミ』の瀬田なつき。

今回出演が明らかになったのは、渋谷ハルコ役を演じる山田杏奈と、神奈川ケンイチ役を演じる鈴木仁。鈴木仁は同作で映画初主演を果たす。

「夜のふたり」と題された第1弾ウェブビジュアルには、夜の街に佇むハルコとケンイチの姿が写し出されているほか、「成長するだけじゃ、オトナになれない。」というコピーが添えられている。

山田杏奈のコメント

いつも力に溢れているけどどこか苦しくて分からなくて。
そんな青春の時を戸惑いながら、走るように生きるハルコとケンイチがとても愛おしいです。
岡崎京子さんの原作と瀬田なつき監督の世界観の融合、すごく刺激的な時間でした。
ぜひ楽しみにして頂けたら嬉しいです。

鈴木仁のコメント

行動が読めなくて、一見変わってる男の子。
でもその内にある、目には見えないケンイチらしい真っ直ぐさを残せるように演じました。
ケンイチとハルコ、2人の中に流れる特別な時間を、ぜひ皆さんに感じていただけたら嬉しいです!

瀬田なつき監督のコメント

岡崎京子さんの、あの突き刺さる言葉たちが、現在の「東京」の街を、素晴らしい、キャスト、スタッフとともに、自由に駆け巡る、唯一無二の映画になったと思います。
笑顔でどんな無茶にも前向きに楽しんで演じてくれる山田杏奈さんがいたから、安心していろいろなことに、みんなで挑戦できました。鈴木仁くんは、リハーサルもたくさんしましたが、本人の、掴みどころのない魅力は、すでにケンイチでした。
あやふやな未来に向かうふたりを、不器用で、大胆で、美しい、かれらの冒険を、映画に収めることは、本当に楽しかったです。

作品情報

『ジオラマボーイ・パノラマガール』

2020年秋から新宿ピカデリーほか全国で公開予定
監督・脚本:瀬田なつき 原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス) 出演: 山田杏奈 鈴木仁 上映時間:105分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山田杏奈と鈴木仁がW主演 岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて