大橋裕之が描くスポーツ奇譚『ニューオリンピック』刊行 山里亮太と対談も

大橋裕之の漫画『ニューオリンピック』が7月13日に刊行される。

『音楽』のアニメ映画化、『ゾッキ』の実写映画化など自身の漫画の映画化が続く漫画家の大橋裕之。『ニューオリンピック』では、未知の競技「忍者サッカー」「ぐるぐる100メートル走」などで命を削りあう特殊アスリートたちの姿が描かれる。巻末には大橋と山里亮太(南海キャンディーズ)による対談を収録。編集は九龍ジョー、装幀は新上ヒロシ(ナルティス)が担当した。「カンゼン」のnoteでは第1話が無料公開中。

書籍情報

『ニューオリンピック』

2020年7月13日(月)発売 著者:大橋裕之 価格:1,300円(税別) 発行:カンゼン

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 大橋裕之が描くスポーツ奇譚『ニューオリンピック』刊行 山里亮太と対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて