『Coyote』最新号特集は「森山大道 東京パンデミック」 蜷川実花と対談も

特集記事「森山大道 東京パンデミック」が7月15日発売の雑誌『Coyote No.71』に掲載される。

新型コロナウイルスで世界の様相が一変する中、半世紀以上にわたって都市を撮り続けてきた写真家・森山大道。50ページにわたる特集では、緊急事態宣言による外出自粛期間に森山大道が撮影していた自室の写真とその日々について綴った書き下ろし原稿や、東京の街を撮影した未発表の新作、「東京」を舞台にした写真集を刊行した写真家・蜷川実花との対談と「写ルンです」によるフォトセッションの模様が掲載される。

ロングインタビューでは、東京・恵比寿の東京都写真美術館で9月22日まで開催中の『森山大道の東京 ongoing』展や、昨年受賞した『ハッセルブラッド国際写真賞』への思いが語られるほか、デビューから57年を経た森山大道が特別な思いを寄せるという作品5点を本人による解説付きで紹介。

書籍情報

『Coyote No.71』

2020年7月15日(水)発売 価格:1,200円(税別) 発行:スイッチ・パブリッシング

Amazonで購入する

  • HOME
  • Art,Design
  • 『Coyote』最新号特集は「森山大道 東京パンデミック」 蜷川実花と対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて