ニュース

『ビバラ!オンライン』第1弾でマカロニえんぴつ、大森靖子、Creepy Nutsら

オンライン音楽イベント『VIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン 2020」』の第1弾出演アーティストと日割りが発表された。

7月31日、8月1日、8月2日にGYAO!で有料生配信される同イベント。『VIVA LA ROCK』は5月2日から4日間にわたって埼玉・さいたまスーパーアリーナで行なわれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて断念された。

今回発表されたのは、7月31日に出演する大森靖子、スガシカオ、ネクライトーキー、8月1日に出演するSaucy Dog、田島貴男、Novelbright、フレンズ、マカロニえんぴつ、8月2日に出演するCreepy Nuts、Dizzy Sunfist、the telephones、the band apart、LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS、ROTTENGRAFFTYの14組。今後も追加出演者の発表を予定している。

早割チケットは7月26日まで販売中。通常チケットは7月27日から販売予定だ。アーカイブは8月4日12:00から8月10日まで公開。

配信に先駆けて、『VIVA LA ROCK 2020』のグッズの最終販売もスタート。グッズには「暑中見舞特別仕様パッケージ」のオフィシャルタオルや過去グッズ詰め合わせ福袋、MOBSTYLES、浦和レッズとのコラボグッズ、埼玉県内のクラフトビール醸造所「所沢ビール」とのコラボレートによる特製レモンビール「VIVA LA ROCK 2020 Lemon Ale」などがラインナップしている。

また、7月19日と26日の2週にわたってフジテレビ系列『Love music』で『VIVA LA ROCK』特集をオンエアすることも発表。7月19日の放送では過去6年の中からプロデューサー・鹿野淳が選出したライブ映像、7月26日の放送では『VIVA LA J-ROCK ANTHEMS』特集をオンエアする。

さらに、MOBSTYLESとのコラボレーション企画『ビバラン!2020』を8月2日9:00から開催。全国のランナーがオンライン上で同じ時間に繋がり合い、走る楽しみを共有し合うリモートランイベントとなり、コラボレーションMOSHパンツとオフィシャルタオルのグッズセットも販売する。当日はMOBSTYLES公式Instagramアカウントにてライブ配信を実施。

鹿野淳(VIVA LA ROCK)のコメント

通常のゴールデンウィーク開催としてのVIVA LA ROCKの断念。そしてビバラの聖地さいたまスーパーアリーナにて夏に延期開催を果たそうと模索していたことの断念。そこでさらに立ち上げたのが、3度目の正直と結果的になりました、今回のVIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン2020」です。

お待たせいたしました、第1弾出演アーティストの発表をいたします。
オンラインにおけるビバラにもこれだけの最高のアーティストがロックを鳴らしにやってきてくれる、まず何よりそのことがありがたく、今まで6度開催してきたことが報われたような想いでおります。
なかなか観客を集めてのライヴやエンターテイメント活動が再開できない中で、あらゆる音楽関係者が新しい活動やライヴや音楽のあり方を考えに考え抜いています。様々な正解なき選択肢が点在し、しかもそれに触れる一挙一動がとてもシビアな現状において、オンラインでの、しかも生ライヴ・生配信のフェスにご出演いただくことは、相当な覚悟をもって判断していただいたことだと思っています。
僕らもここに来るまで、何度も何度も諦めかけたり、何が必要とされるのか?がわからなくなりかけたりしたこともありました。しかし、こうやって最高の出演アーティストやバンドをみんなの元に届けられることになり、これまでの困難も含めすべてをもって前へ進めたという想いにも駆られています。

誰も予想できなかった2020年の日々。今までの音楽、ライヴ、フェス、ロックにとって、「非日常」という言葉はポジティヴでエネルギッシュな歓喜を彷彿とさせるものでしたが、今では大変ハードな状況を表すものになってしまいました。
その中で、マイナスな非日常を反転させるべく、最高のアーティストやバンドが最高の非日常を3日間にわたって繰り広げてくれます。このスピリットこそが、2020年という特別な年のロック・フェスティバルの本質なのではないか?という確信を胸に開催します。
オンラインにおけるライヴやフェスは、今までのライヴやフェスの代替には決してなりません。間違いなくなりません。しかし、オンラインでもロックフェスをみんなと分かち合えること、オンラインだけどVIVA LA ROCKであることを妥協なくとことん追求し、今回はその熱も含めてみんなに届けます。
この特別なフェスは、今できる最高のロック・フェスティバルになります。
最高のロック・フェスティバルに、どうか参加してください。

以前にもお伝えしましたが、大型ライヴハウスにて、細心の注意をもって新型コロナウィルス感染症対策を施しながら、2ステージを館内に作ってフェスを行います。3日間通して合計約30組ものアーティストやバンドがライヴを繰り広げてくれます。
ライヴとライヴの合間には、トークセッションをしたり、出演アーティストやオフィシャルのグッズを紹介したり、ビバラ号を埼玉県をはじめとする場所に走らせ、様々な生レポートをしたりしようと今、協議を重ねています。

ちなみに、春のVIVA LA ROCKのために作ったグッズは、おかげさまで今までの販売期間にたくさんお買い求めいただきました。ただ、一部大量に制作していたグッズに関しては未だ在庫が残っております。それらを再び販売いたします。今回はセット・ディスカウントや暑中見舞いヴァージョンでのお届けなど、趣向を凝らしておおくりしますので、どうかお買い求めいただけますと嬉しいです。
2000リットルものビバラ特製のレモンビールを所沢ビールさんに製造いただいたものも、おかげさまで今の時点で1400本以上お買い求めいただいております。本当にありがとうございます。しかし、まだまだございます。とんでもなく考え抜いて作った今年限りの至高のビールを、どうかお楽しみくださいませ。
さらに、ビバラ!オンライン2020開催直前である7月19日と26日に、フジテレビ「LOVE MUSIC」にて2週連続でVIVA LA ROCK大特集をオンエアしていただきます。過去の最高の名ライヴをご覧いただける貴重な機会となりますので、くれぐれもお見逃しなくお願いします。

開催まであと18日、どうかこのロックフェスを体験してください。みんなの部屋からもビバラ!オンライン 2020を一緒に生み出し、新しい興奮と歓喜の坩堝を作り上げましょう。よろしくお願いします。

『VIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン 2020」』第1弾出演アーティスト
『VIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン 2020」』第1弾出演アーティスト
『VIVA LA ROCK 2020』グッズ
『VIVA LA ROCK 2020』グッズ
『VIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン 2020」』ロゴ
『VIVA LA ROCK presents「ビバラ!オンライン 2020」』ロゴ
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」