なみちえら東京藝術大学の注目アーティスト9人を紹介『EXPOSITION』展

展覧会『EXPOSITION ―来るべきアート|art to come― 銀座 蔦屋書店 東京藝術大学』が、8月9日まで東京・銀座の蔦屋書店のGINZA ATRIUMで開催されている。

同展では、東京藝術大学が掲げる「NEXT 10 Vision」の理念である「革新的であること」「多様性があること」「国際的であること」に共感する東京藝術大学在籍、出身のアーティスト9人をフィーチャー。絵画、彫刻、パフォーマンス、映画など様々な領域の作品を紹介する。

参加アーティストは磯崎隼士、UMMMI.、木村知史、敷地理、敷根功士朗、下大沢駿、成彧、田村なみちえ、布施琳太郎。8月8日と9日には敷地理による新作パフォーマンスアートを初演予定だ。参加費は無料。

イベント情報

『EXPOSITION ―来るべきアート|art to come― 銀座 蔦屋書店 東京藝術大学』

2020年7月22日(水)〜8月9日(日) 会場:東京都 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
参加作家: 磯崎隼士 UMMMI. 木村知史 敷地理 敷根功士朗 下大沢駿 成彧 田村なみちえ 布施琳太郎 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • なみちえら東京藝術大学の注目アーティスト9人を紹介『EXPOSITION』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて