ニュース

SerphのディズニーカバーAL『Disney Glitter Melodies』に牧野由依が参加

Serph『Disney Glitter Melodies』ジャケット ©Disney
Serph『Disney Glitter Melodies』ジャケット ©Disney

Serphのカバーアルバム『Disney Glitter Melodies』日本盤が9月16日にCDとデジタル配信でリリースされる。

様々なアーティストによるディズニーソングのカバーアルバムシリーズ最新作となる同作。CDはCDのみのバージョンと、「Tシャツ同梱キラキラBOX」仕様の初回生産限定盤デラックス・エディションの2形態が用意される。Tシャツやジャケットのイラストは河野愛が担当。

デジタル盤とCDのみのバージョンには、『アラジン』“A Whole New World”、『リトル・マーメイド』“Part of Your World”、『美女と野獣』“Beauty and the Beast”、『ピノキオ』“When You Wish Upon a Star”といった楽曲に加えて、ゲストボーカルに牧野由依を迎えた『アナと雪の女王』の“Let It Go”日本語バージョンなど12曲を収録。初回生産限定盤デラックス・エディションにはボーナストラックとして、牧野由依が歌う“Let It Go”英語バージョンが追加される。

企画などを除いて、Serphがボーカリストを迎えた楽曲は今回が初。Serphは牧野をボーカルに迎えた理由について「歌物を全く受け付けなかった頃に唯一響いたのが牧野由依さんの歌でした。繊細さと力強さを持った歌い手さんとしてデビュー前から憧れていた方です。Let It Goなら牧野さんしかいないと直感しました。夢が叶いました。繊細な線で描写された雪の女王が心のままに歌ってる感じで最高です。吹き荒れる雪や氷を細かい電子音のハーモニーで描きました。その中で想いが躍動します。エモーションを際立たせるためにビートは抑えました。トラックが出来てサビのハモリを想像した時に思わず泣けてきました」コメント。

牧野は「名曲揃いのディズニー楽曲がSerphさんの手によって彩られるという素敵なアルバムに参加させて頂けるという事で、とても嬉しく思いました。ディズニーは小さい頃から沢山の作品を観させて頂いていました。最近の作品ももちろん大好きですが、特に『ファンタジア』が好きでビデオテープが擦り切れてしまうのではないかと思うくらい何度も見るほど大好きでした。『アナと雪の女王』『アナと雪の女王2』2作品共に観ていたので、『レット・イット・ゴー』は大好きな曲でもあります。お話をいただいた時には『この曲を…私が!?歌わせていただいて良いのでしょうか…?』と期待と不安と喜びとが混ざった感情だったのですが、Serphさんのこれまでの作品や『レット・イット・ゴー』のアレンジを聞かせて頂いて、この曲において自分自身が目指す方向性が見えた気がしました。Serphさんのアレンジは、エレクトリックの中に響く澄んだ神秘的な音の世界観がとっても心地良く、ずーっと聴き入ってしまいます。Serphさんとはレコーディングの日に初めてお会いできたのですが、とっても穏やかにディレクションもして頂けたので、なんだか伸び伸びとさせて頂いてしました」と語っている。

Serphのコメント

ウルトラスムースなイージーリスニングアルバムになりました。
解像度の高いサウンドスケープの中をディズニーの黄金のメロディーたちが高らかに歌います。
エレクトロニック・ミュージック、リミックス文化のフィルターを通ったロマンチックなファンタジー。
ディズニーの作品は心和むし勇気や希望をもらいました。
トゥモローランドに心を飛ばすための音楽です。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために