小泉今日子の104タイトル726曲がサブスク解禁

小泉今日子の104タイトル726曲が、本日8月21日から各サブスクリプションサービスで配信される。

配信されるのは、デビュー曲“私の16才”、1984年の“渚のはいから人魚”“The Stardust Memory”、1985年の“なんてったってアイドル”、1986年の“木枯しに抱かれて”、1991年の“あなたに会えてよかった”、1993年の“優しい雨”、2005年の“学園天国”、2013年の“潮騒のメモリー”などのシングル曲のほか、アルバム、シングルのカップリングに収録された楽曲を含む全726曲。

配信を記念して、「小泉今日子楽曲シェアキャンペーン」がスタート。9月6日23:59までに最も好きな小泉今日子の楽曲を利用のストリーミングサービスで「#キョンキョンを聴こう」をつけてTwitterおよびInstagramでシェアすると応募が完了する。抽選で10人に「直筆サイン入り小泉今日子オリジナルクリアファイル」を贈呈。あわせて各ストリーミングサービスでもそれぞれプレゼントが当たるキャンペーンが実施される。

本日20時からは、小泉今日子の初の無観客配信ライブの模様を捉えた『唄うコイズミさん』がGYAO!で独占有料配信。アコースティック編成による全10曲約50分のライブが展開される。ライブチケットおよびグッズ「唄うコイズミさんTシャツ」「唄うコイズミさん×NOTABAGコラボレーションバッグ」が販売中。

小泉今日子のコメント

特に若い方から「サブスクまだですか?」とよく聞かれていました。
104タイトル、726曲を一気に解禁するそうです。
時代と共に色々な仲間と過ごした時間が曲の中に閉じ込められています。
羽を休めていた鳥の群れが空に向かって飛び立つような光景を想像します。
自由な空をどこまでも飛んでいってくれますように。

  • HOME
  • Music
  • 小泉今日子の104タイトル726曲がサブスク解禁

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて