オンライン開催『下北沢映画祭』で行定勲監督×曽我部恵一のトークなど

『第12回下北沢映画祭』のプログラム第1弾、ポスタービジュアルが公開された。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、12回目を迎える今年は、10月2日から4日に配信プラットフォーム「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」と連携して、オンライン開催する『下北沢映画祭』。テーマは「映画は、いつもの街で待っている」。ポスタービジュアルのイラストは角田貴志(ヨーロッパ企画)が手掛けた。

メインプログラムのコンペティションでは、全国から集まった237作品の中からノミネート作品10作品をオンライン配信。

ノミネート作品には、団塚唯我『愛をたむけるよ』、宮崎樹里愛『形をとって』、都楳勝『蝸牛』、村上創紀『杭を打て』、目黒大輔『覚めぬ夢などあるじゃなし』、野口高遠『SHADE』、山村もみ夫『ストレスフルスイング』、大門嵩『多日想果』、佐藤安稀『ナイトライダー』、諫早幸作が制作代表を務める『curfew』がラインナップ。タイムテーブルは9月下旬に発表される。

10月3日には、三島有紀子、直井卓俊、大槻貴宏(トリウッド、ポレポレ東中野)、轟夕起夫を審査員に迎え、授賞式、審査員とノミネート監督とのトークセッションを下北沢から生配信。10月4日には、下北沢を舞台にした又吉直樹の小説『劇場』を映画化した行定勲監督と、曽我部恵一のトークイベント、ヨーロッパ企画初の長編映画『ドロステのはてで僕ら』にとって初のコメンタリー上映が行なわれる。

イベント情報

『第12回下北沢映画祭』

2020年10月2日(金)~10月4日(日)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • オンライン開催『下北沢映画祭』で行定勲監督×曽我部恵一のトークなど

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて