池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』日本公開が12月に決定

池田エライザ監督の映画『夏、至るころ』の日本公開日が12月4日に決まった。

池田エライザの初監督作品となる同作は、地域の「食」や「高校生」とコラボした青春映画制作プロジェクト『ぼくらのレシピ図鑑』の第2弾。同じ学校に通う高校3年生の翔と泰我は、子供のころから和太鼓の訓練をしてきたが、夏祭りを前にしたある日、泰我が受験勉強に専念するため太鼓を辞めると言い出し、それを聞いて愕然とした翔の前にギターを背負った少女・都が現れるというあらすじだ。舞台は福岡・田川。10代で東京に出た池田エライザ監督のエピソードが原案になっているという。

出演者は、翔役の倉悠貴をはじめ、泰我役の石内呂依、都役のさいとうなり、翔の父役の安部賢一、翔の母役の杉野希妃、翔の祖父役のリリー・フランキー、翔の祖母役の原日出子、翔に影響を与える教師役の高良健吾、ペットショップの店長役の大塚まさじら。今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開された。

池田エライザ監督のコメント

無邪気に夢を抱くことが、難しくなってきている昨今。
時間が過ぎるたびに正体不明の焦りを感じるこのご時世を生きる若者に、深く共感しながらも、何かささやかな手助けは出来ないだろうかと考え、この作品をつくりました。
私は諦めてしまっていた青春を、素敵な役者陣が見せてくれました。
生まれてはじめての感情に触れた瞬間に立ち会わせてもらえたことがなによりも幸せでした。
この機会に感謝しています。たくさんの方々のお力添えのもと、穏やかで希望が湧いてくる映画ができました。
12月、世界がどうなっているかまだ想定はつきませんが、皆様にお届けできる日が楽しみです。

作品情報

『夏、至るころ』

2020年12月4日(金)からWHITE CINE QUINTO、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13ほか全国で順次公開
原案・監督:池田エライザ 脚本:下田悠子 音楽:西山宏幸 出演: 倉悠貴 石内呂依 さいとうなり 安部賢一 杉野希妃 大塚まさじ 高良健吾 リリー・フランキー 原日出子
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』日本公開が12月に決定

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて