生田斗真主演『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』10月公開、ドルビーシネマも

『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』 が10月24日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

劇団☆新感線の旗揚げ39周年にあたる2019年に「39サンキュー興行」と称して上演された『偽義経冥界歌』は、奥州三代と義経黄金伝説がモチーフの作品。源義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、中島かずきが脚本、いのうえひでのりが演出を手掛けた。遮那王牛若を死なせてしまったことで、源九郎義経を名乗るようになる奥華玄久郎国衡役に生田斗真がキャスティング。2020年に東京、福岡公演を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて東京は一部公演が中止、福岡は全公演が中止となった。

『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』は「ゲキ×シネ」史上初となる「ドルビーシネマ」でも上映。詳細は同作のオフィシャルサイトで確認しよう。

作品情報

『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』

2020年10月24日(土)から新宿バルト9ほか全国で公開
作:中島かずき 演出:いのうえひでのり 出演: 生田斗真 りょう 中山優馬 藤原さくら 粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴 三宅弘城 橋本さとし ほか 配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ 料金:2,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 生田斗真主演『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』10月公開、ドルビーシネマも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて