ニュース

新進作家の連続個展『shiseido art egg』に西太志、橋本晶子、藤田クレア

『第14回 shiseido art egg』ビジュアル
『第14回 shiseido art egg』ビジュアル

展覧会『第14回 shiseido art egg』が10月2日から東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催される。

2006年にスタートした公募プログラム『shiseido art egg』では、新進アーティストによる「新しい美の発見と創造」を応援。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて開催延期となっていた今回は、215件の応募から選ばれた入選者3人の個展を開催する。

日程は、10月2日から10月25日まで西太志展、10月30日から11月22日まで橋本晶子展、11月27日から12月20日まで藤田クレア展。事前予約制となる。

「shiseido art egg賞」は展覧会開催後に資生堂ギャラリーのオフィシャルサイトで発表予定。今井俊介、大崎清夏、川上典李子が審査員を務める。

西太志のコメント

この度は、 コロナウィルスの感染拡大の影響により、開催が延期されていた“shiseido art egg”が再開される見通しがつき、大変嬉しく思っています。 未だに日本だけでなく、 世界中で不安な情勢が続いていますが、展覧会を無事に開催、 閉幕できるように尽力するつもりです。ただ、 コロナ以前とコロナ以後では、全ての見え方が変わるのかもしれない。とも感じています。現実感を伴わないと思っていた様々な出来事が、いよいよリアルな現実として、世界中で共有しているような、、今日も外はマスクをつけた人々で溢れていて、ふとそんな風に考えてしまうのです。

橋本晶子のコメント

春からあっという間に季節が過ぎ、展示をとりまく環境も変わってきました。また現在も、状況がうつり変わるさなかにあるようです。そんな中でも、ありがたいことに作品発表の機会をいただきました。この数ヶ月の間には、その場を訪れること・この場で遠くを見ること、といった今回の作品にも通じるいくつかの言葉を通して、展示という出来事について思いなおす時間もありました。今は、あの地下へと続く階段と大きな白い壁の空間に、まずは作品を果たそうと思います。
期間中、この場所で起こっていることに気づいていただけたら嬉しいです。

藤田クレアのコメント

自粛している間、なんて事もない気づきが幾つもありました。
一つ挙げるとしたら、今までの作品では「如何に二つの物を物理的に近づけるか」を探っていましたが、今世間では「如何に物理的距離を取りながら、繋がり合うか」が重視されるようになったかと思います。それを目の当たりにし、一旦原点に立ち戻って「繋がり」ということ自体が何なのか。どのような構造を持つのか。について重点を置くようになりました。制作をする上でも今までと違った制限があって不便ですが、環境と共に我々も変化する必要性と可能性にも気がつかされました。
展示にお越しになってくださる方々には是非、私の考える「繋がり」を観て、感じていただけたらと思います。お会いできることを楽しみにしております。

橋本晶子『It's soon.』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋
橋本晶子『It's soon.』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋
橋本晶子『Yesterday's story』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋 撮影:Watson studio
橋本晶子『Yesterday's story』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋 撮影:Watson studio
西太志『明晰夢の案内人』2018 陶土、磁土、麻布、羊毛、顔料 『光の粒が海に浮かぶ』2018 水性アルキド樹脂、油絵具、木炭、顔料、キャンバス
西太志『明晰夢の案内人』2018 陶土、磁土、麻布、羊毛、顔料 『光の粒が海に浮かぶ』2018 水性アルキド樹脂、油絵具、木炭、顔料、キャンバス
西太志『NIGHT SEA JOURNEY』2018 水性アルキド樹脂、油絵具、木炭、顔料、キャンバス
西太志『NIGHT SEA JOURNEY』2018 水性アルキド樹脂、油絵具、木炭、顔料、キャンバス
藤田クレア『閾 ~The smallest detectable sensation~』2018 ミクストメディア
藤田クレア『閾 ~The smallest detectable sensation~』2018 ミクストメディア
藤田クレア『Never the same』2019 ミクストメディア
藤田クレア『Never the same』2019 ミクストメディア
画像を拡大する(7枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性