ニュース

秋山黄色が田中圭主演×鈴木おさむ脚本『先生を消す方程式。』主題歌を担当

秋山黄色
秋山黄色

ドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌を秋山黄色が担当することがわかった。

10月31日テレビ朝日系土曜ナイトドラマで放送される同作は、鈴木おさむが脚本を手掛け、田中圭が主演を務める学園サスペンスドラマ。主題歌に起用されたのは、秋山黄色がドラマの内容に触発されて完成したという“サーチライト”で、11月13日に配信リリースされる。

秋山黄色のコメント

ドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌を担当させていただく事になりました。とても嬉しいです。
作曲家として曲を届けている限り、音は口ほどに物を言います。
こうして作品と共に鳴ろうという時には、めちゃくちゃアレンジに悩みますが、そのあまりに強烈な物語に触発されストレートを選びました。
心を丸ごと投げて逃げ去るような曲です。多くの人の道を照らしますように。

田中圭のコメント

皆様、田中圭です。
秋山黄色さんのサーチライトが主題歌に決まりました!ありがとうございます!
生きるという事、そこにある色んな気持ちを爆発させている様な、共感できる生々しい歌詞が大好きですし、このドラマにぴったりすぎてびっくりしました。
ドラマも負けじとこの曲の様に青春ロックしてやろうじゃないですか!とやる気に漲っております。
この不思議なドラマをサーチライトで照らしてくれている感じがとてもしています!心強いです。
個人的に、「だからなんだようるさいよ」という歌詞が大好きです。
皆様と一緒にドラマも主題歌も盛り上がって楽しめるように、これからの撮影も頑張ります!
楽しみにしていてください!

『先生を消す方程式。』ビジュアル
『先生を消す方程式。』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性