範宙遊泳のオンライン作品『むこう側の演劇』第2弾『シリーズ旅の旅』始動

範宙遊泳のオンライン作品『むこう側の演劇 シリーズ旅の旅 #1「無音の旅」』が、本日10月23日に範宙遊泳の公式YouTubeチャンネルで公開された。

「劇場を剥奪された演劇に演劇は可能か」という問いから『むこう側の演劇』と題してオンラインも創作の場として新作を発表している範宙遊泳。6月から9月にかけて『バナナの花』を発表した。

「むこう側の演劇」第2弾となる『シリーズ旅の旅』は様々な手法で旅を作り出すもの。『無音の旅』は作、演出を山本卓卓が手掛けた。視聴は無料で、どねるやnoteで支援を受け付けている。

山本卓卓のコメント

実験演劇とか実験的演劇という言葉があまり好きではありません。完成形を提示するのだと考えて創作を行うからです。実験といえばまるで途中経過のようで、治験の段階といった耳障りがして、それは稽古場で終わらせるべきだとの思いがこれまでありました。
だけれども、すくなくとも、経験則からいっても、良き途中経過に良き完成が待っていることを疑いはしません。また言うなれば人生など死に際まで限りなく途中経過の連続にすぎないのだという旅人のような心が、私の作品創作における姿勢にダブらないとも言えません。白状しますが、私は演劇創作において壮大な夢を描いています。それは例えていうなら世界一周を徒歩と手漕ぎボートで達成する、とでもいうような無茶な夢です。しかしそれをしてみたいという想いに駆られ続けている、駆られ続けてここまでやってきたことは確かなのです。
そして私はいま”むこう側の演劇”というコンセプトのなかで、その壮大な完成形を提示するには、膨大な過程をも提示する必要があると思い立ちました。それゆえ、むこう側の演劇シリーズの第二弾として”旅の旅”という(あえてこういう言い方をしますが)「実験的な」作品群を発表してゆこうと決めました。壮大な夢の記録、旅の記録、途中経過をご覧ください。楽しんでいただけたら幸いです。
それでは、ボン・ヴォヤージュ!

  • HOME
  • Stage
  • 範宙遊泳のオンライン作品『むこう側の演劇』第2弾『シリーズ旅の旅』始動

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて