CANの魅力を様々な角度から紹介 書籍『別冊ele-king カン大全』刊行

書籍『別冊ele-king カン大全──永遠の未来派』が本日10月31日に刊行された。

同書では、ドイツのクラウトロックバンド・CANにフォーカス。CANの背景やストーリーに加えて、「カンの構成分子」「カンのDNA」など様々な角度からCANの全体像を綴る。ロングインタビューやディスクガイドも掲載。

執筆者は、明石政紀、岸野雄一、小林拓音、小柳カヲル、小山哲人、崎山和弥、柴崎祐二、竹田賢一、野田努、ジェイムズ・ハッドフィールド、東瀬戸悟、福島恵一、松平敬、松村正人、松山晋也、三田格ら。監修・編集は松山晋也が担当している。

書籍情報

『別冊ele-king カン大全──永遠の未来派』

2020年10月31日(土)発売 監修・編集:松山晋也 価格:2,000円(税抜) 発行:Pヴァイン
  • HOME
  • Book
  • CANの魅力を様々な角度から紹介 書籍『別冊ele-king カン大全』刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて