ニュース

のん主演映画『私をくいとめて』×「une nana cool<364ブラ>」がコラボ

『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会
『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会

映画『私をくいとめて』と「une nana cool<364ブラ>」のコラボが発表された。

綿矢りさの同名小説を実写映画化する『私をくいとめて』の主人公は、脳内に相談役「A」がいる31歳の黒田みつ子。「おひとりさまライフ」がずっと続くと思っていたみつ子が、ある日、年下の営業マン多田くんに恋をし、戸惑いながらも一歩前に踏み出すというあらすじだ。「A」とおひとりさま生活を満喫していたみつ子役にのん、密かにみつ子に恋心を抱く多田くん役に林遣都、みつ子の親友・皐月役に橋本愛がキャスティング。『勝手にふるえてろ』の大九明子がメガホンを取った。公開は12月18日。

「特別な日以外に着けよう、364日の日常」をコンセプトに掲げる「une nana cool<364ブラ>」。今回のコラボは「ありのままに自分らしく」生きるみつ子の姿がコンセプトと重なり実現したという。全国の「une nana cool」の店舗では本日11月12日から映画の場面写真をモチーフに「女の子の日常」を表現したパネル展を開催。パネル展で掲出される写真は店舗限定公開となる。のんによるコメント動画付きの映画予告映像も放映予定。

さらに12月20日までの期間に「une nana cool」の店舗やオンラインショップで商品を購入した人を対象に映画のポスタービジュアルをあしらったポストカードを先着でプレゼント。抽選で5組10名を12月中旬に開催予定の舞台挨拶付き上映会に招待するキャンペーンも11月30日まで実施される。

今回のコラボを記念して店頭で展開される場面写真の中から先行して新カットを公開。

『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会
『私をくいとめて』 ©2020『私をくいとめて』製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」