『グラミー賞』最多ノミネートはビヨンセ BTSも候補に The Weekndは落選

『第63回グラミー賞』のノミネート作品とアーティストが発表された。

現地時間2021年1月31日に授与式の開催を予定している『第63回グラミー賞』。前回は「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀アルバム賞」「最優秀新人賞」の主要4部門をビリー・アイリッシュが独占した。

今年の最多ノミネートは『Black Parade』で最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞などの候補となったBeyoncéの9件。テイラー・スウィフト、ロディ・リッチ、デュア・リパが6件で候補となっているほか、Post Maloneが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞にノミネートされている。

また米ビルボードのシングルチャートで韓国アーティストとしては初の1位を獲得したBTS“Dynamite”が、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」にノミネートしている。

一方で、“Blinding Lights”“Heartless”などを収めたヒットアルバム『After Hours』を今年リリースしたThe Weekndは、有力候補とされながらノミネーションから漏れた。8年ぶりのニューアルバム『Fetch the Bolt Cutters』がメディアから高評価を獲得していたフィオナ・アップルは「最優秀ロックパフォーマンス賞」「最優秀ロックソング賞」「最優秀オルタナティブミュージックアルバム賞」などにノミネートされたものの、主要部門候補からは漏れている。

『アメリカン・ミュージック・アワード』『MTV Video Music Awards』といった音楽賞ではノミネートされており、複数のノミネーションが予想されていたものの、まさかのノミネートなしに終わったThe Weeknd。発表後には自身のTwitter、Instagramで「The Grammys remain corrupt. You owe me, my fans and the industry transparency...」をメッセージを発信。『グラミー賞』は腐敗したままだと指摘し、透明性のある選考を訴えた。

最優秀ロックパフォーマンス賞ではHAIM、ブリタニー・ハワード、Big Thief、フィオナ・アップル、フィービー・ブリジャーズ、グレース・ポーターの楽曲が挙げられ、女性ソロアーティストおよび女性ボーカルバンドの強さが目立った。

授賞式の模様は、日本時間2021年2月1日にWOWOWにて同時通訳、字幕でそれぞれ放送を予定している。同時通訳放送にはジョン・カビラ、ホラン千秋が出演。

詳細情報

『第63回グラミー賞』主要4部門ノミネート

最優秀レコード賞 Beyoncé『Black Parade』 Black Pumas『Colors』 DaBaby featuring Roddy Ricch『Rockstar』 Doja Cat『Say So』 ビリー・アイリッシュ『Everything I Wanted』 デュア・リパ『Don't Start Now』 Post Malone『Circles』 Megan Thee Stallion featuring Beyoncé『Savage』 最優秀アルバム賞 ジェネイ・アイコ『Chilombo』 Black Pumas『Black Pumas (Deluxe Edition)』 Coldplay『Everyday Life』 ジェイコブ・コリアー『Djesse Vol. 3』 HAIM『Women in Music Pt. III』 デュア・リパ『Future Nostalgia』 Post Malone『Hollywood's Bleeding』 テイラー・スウィフト『Folklore』 最優秀楽曲賞 Beyoncé『Black Parade』 ロディー・リッチ『The Box』 テイラー・スウィフト『Cardigan』 Post Malone『Circles』 デュア・リパ『Don't Start Now』 ビリー・アイリッシュ『Everything I Wanted』 H.E.R.『I Can't Breathe』 JP Saxe featuring Julia Michaels『If the World Was Ending』 最優秀新人賞 フィービー・ブリジャーズ イングリッド・アンドレス Doja Cat Kaytranada Megan Thee Stallion ノア・サイラス Chika D Smoke
  • HOME
  • Music
  • 『グラミー賞』最多ノミネートはビヨンセ BTSも候補に The Weekndは落選

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて