ニュース

Apple Musicが今年日本で最も再生された楽曲を発表 1位はOfficial髭男dism

「2020年トップソング100:日本」
「2020年トップソング100:日本」

Apple Musicのプレイリスト「2020年トップソング100:日本」が公開された。

「2020年トップソング100:日本」は、Apple Musicで2020年に日本で最も再生された100曲のプレイリスト。1位はOfficial髭男dism“Pretender”、2位はYOASOBI“夜に駆ける”、3位はKing Gnu“白日”となった。“Pretender”は、昨年の「2019年トップソング100:日本」でも2位にランクインしており、ロングヒットを続けている。Official髭男dismの楽曲は“I LOVE…”“イエスタデイ”など11曲がトップ100曲にランクイン。

また世界中のApple Music上で最も多く歌詞が読まれた楽曲のプレイリスト「2020年最も歌詞が読まれた曲トップ100」を発表。1位は『第2回Apple Music Awards』で「ブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したミーガン・ジー・スタリオンをフィーチャーしたCardi B“WAP (feat. Megan Thee Stallion)”となったほか、トップ100には、YOASOBI、Official髭男dism、瑛人の3組の日本人アーティストが名を連ねる。

さらに世界中のApple Musicで最も再生された100曲のプレイリスト「2020年トップソング100:グローバル」も公開。Official髭男dism、King Gnu、YOASOBIの3組の日本人アーティストが100位内にランクインしている。このほかアジア、オセアニア、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどの各国のチャートや、合計検索回数が92億回となったShazamで今年最も聴かれた楽曲のプレイリスト「2020年Shazamトップソング100」など多数のチャートプレイリストを公開。

「2020年最も歌詞が読まれた曲トップ100」
「2020年最も歌詞が読まれた曲トップ100」
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材