菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』140秒の長尺予告編が到着

映画『花束みたいな恋をした』の新たな予告編が到着した。

1月29日に公開される同作は、ドラマ『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』『Woman』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』『anone』などを手掛けた脚本家の坂元裕二が書き下ろした恋愛映画。「2020年の東京」を舞台に、明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、恋に落ちた21歳の大学生の山音麦と八谷絹が過ごす「最高の5年間」を描く。山音麦役を菅田将暉、八谷絹役を有村架純が演じる。

約140秒の新たな予告編では、終電を逃し、意気投合した麦と絹が居酒屋で同じライブのチケットを取り出す様子や、2人の「もし行っていたら、今日は会ってなかったかもしれないですね!」「じゃあこれは、今日ここで会うためのチケットだったって訳ですね!」というやり取り、麦が絹の髪をドライヤーで乾かすシーン、2人が就職活動する場面や言い争う姿、絹の「はじまりは、おわりのはじまり」という言葉などが確認できる。

作品情報

『花束みたいな恋をした』

2021年1月29日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督:土井裕泰 脚本:坂元裕二 音楽:大友良英 出演: 菅田将暉 有村架純 清原果耶 細田佳央太 韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美 森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ 押井守 Awesome City Club PORIN 佐藤寛太 岡部たかし オダギリジョー 戸田恵子 岩松了 小林薫 配給:東京テアトル、リトルモア
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』140秒の長尺予告編が到着

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて