ニュース

『紀伊國屋じんぶん大賞2021』ベスト30発表 1位は『ブルシット・ジョブ』

紀伊國屋書店の『紀伊國屋じんぶん大賞2021 読者と選ぶ人文書ベスト30』が本日12月25日に発表された。

今年で第11回目を迎える『紀伊國屋じんぶん大賞』。昨年12月から今年11月に刊行された人文書を対象に、一般読者からのアンケートをもとに、出版社、紀伊國屋書店社員による推薦を加味して選定したという。

1位を獲得したのは、デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論』、2位は斎藤幸平『人新世の「資本論」』、3位は読書猿『独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』、4位は熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』、5位は近内悠太『世界は贈与でできている――資本主義の「すきま」を埋める倫理学』。

6位は馬部隆弘『椿井文書――日本最大級の偽文書』、7位はルース・ベネディクト『レイシズム』、8位は大塚淳『統計学を哲学する』、9位は大山顕『新写真論――スマホと顔』、10位は東千茅『人類堆肥化計画』となった。

デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論』表紙
デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側