ポレポレ東中野×TaiTan×岩崎裕介が共同制作、上映権フリーの幕前映像公開

ポレポレ東中野主導で制作したミニシアター向け幕前フィルムが全国17館で順次上映される。

ポレポレ東中野は「コロナ時代にアップデートされた」映画館の幕前映像を、クリエイティブコモンズの考えに基づいて制作、公開。新型コロナウイルスの影響で客足が遠のいてしまったミニシアターの安全に対する取り組みのアピールを目的としたプロジェクトとして、TaiTan(Dos Monos)が企画のクリエイティブディレクションを担当した。

映像データは、Vimeo上からフリーダウンロードして、どの映画館でも自由に上映可能。監督は岩崎裕介(劇団ノーミーツ)が務めた。トラックはMON/KUが制作。映像には、ポレポレ東中野ほか全国で1月から公開されるドキュメンタリー映画『陶王子 2万年の旅』で活用された人形が登場する。

現時点で上映が決まっている映画館は、東京・ポレポレ東中野、ヒューマントラストシネマ有楽町、大阪・第七藝術劇場、愛知・名古屋シネマテーク、兵庫・神戸の元町映画館、神奈川・あつぎの映画館 kiki、富山・ほとり座、群馬・シネマテークたかさき、青森・シネマディクト、宮城・フォーラム仙台、山形・フォーラム山形、福島・フォーラム福島、広島・八丁座、山口・萩ツインシネマ、福岡・KBCシネマ、佐賀・唐津のシアター・エンヤ/演屋、鹿児島・ガーデンズシネマ。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ポレポレ東中野×TaiTan×岩崎裕介が共同制作、上映権フリーの幕前映像公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて