ニュース

佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より

マンダム「ギャツビー」のブランドムービー「カッコいいは、変わる。」が本日2月8日に公開された。

「変化の肯定」をコンセプトにした「カッコいいは、変わる。」には、今春にリニューアルする「ギャツビー ペーパーシリーズ」の発売にあわせて新イメージキャラクターに起用された佐藤健が出演。佐藤健が「カッコいいをつくったのは誰?」と問う場面や、「風速40メートル」の強風を浴びながらランニングマシンで全力疾走するシーン、ワイヤーアクション、「次は、誰が変える?」と問いかけ去っていく様子が映し出されている。アクションシーンは映画『るろうに剣心』シリーズのスタッフがサポート。

2月15日~2月28まで東京・渋谷エリア、大阪・梅田のHEP前ビジョンで「カッコいいは、変わる。」屋外広告が掲出される。

佐藤健のコメント

イメージキャラクターに選ばれた感想について
ギャツビーのCMは10代の頃からかなり印象に残っていて大好きだったので、大変嬉しかったですね。この仕事を始めてからも、どんなCMをやりたいのかと聞かれた時「ギャツビーのCMをやりたいです」と答えていたぐらいだったので、本当に念願が叶ったというか。とても光栄に思います。

撮影の感想について
ワイヤーで吊っているシーンは全員、映画『るろうに剣心』の時から一緒にやっているアクション部
のスタッフだったので、一瞬「るろうに剣心の撮影をしているのかな?」と思いました(笑)。ワイヤーアクションは上げるタイミングとか、チームワークが大事なので、そういう意味ではいい仲間と一緒にできて良かったです。全力で走るシーンは、普段からそんなに動いているわけではないので、久々にあんなに走って、ちょっと太ももが筋肉痛です(笑)。

「カッコいい」とは?
今回のテーマの「誰かが変わろうとする力」とか、「変わっていくことがカッコいい」ということは、世の中の流れや流行りに乗っかっていくよりも、「自分で時代を作っていく奴が一番カッコいいよね」ということだと思います。そういう人たちはどういう人たちなのかなと考えた時、やっぱり、自分のスタイルを確立しているというか。周りがどうこうではなくて、自分がこれをカッコいいと思うから、こう生きていくんだ、自分がなりたい自分になれるように生きていくのがカッコいいんだ、という人たちなのだと思いますし、自分自身もそうありたいと思います。

「ギャツビー」キービジュアル
「ギャツビー」キービジュアル
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
「カッコいいは、変わる。」より
画像を拡大する(31枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで