『鬼滅の刃』遊郭編がテレビアニメ化 第1弾PV&ティザービジュアル公開

テレビアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』が2021年に放送される。

コミックス全23巻の累計発行部数が1億5000万部を突破した吾峠呼世晴の漫画『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む大正時代の日本を舞台に、炭売りの少年・竈門炭治郎が、鬼と化した妹・禰豆子を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ姿を描いた作品。現在『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開中だ。

『遊郭編』は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に続く物語で、2月14日にAbemaTVで放送された『鬼滅祭オンライン -アニメ弐周年記念祭-』でテレビアニメ化が発表。竈門炭治郎役を花江夏樹、竈門禰豆子役を鬼頭明里、我妻善逸役を下野紘、嘴平伊之助役を松岡禎丞、宇髄天元役を小西克幸が演じる。監督を外崎春雄が務め、キャラクターデザインを松島晃、アニメーション制作をufotableが担当。

今回の発表とあわせて第1弾PVとティザービジュアルが公開。第1弾PVでは遊郭の街並み、「これが吉原遊郭。男と女の見栄と欲、愛憎渦巻く夜の街。派手だろ?」という声、炭治郎が「水の呼吸」を繰り出すシーンなどが確認できる。宇髄天元の姿が描かれたティザービジュアルには「こっからはド派手に行くぜ」というコピーが添えられている。

番組情報

『「鬼滅の刃」遊郭編』

2021年放送
監督:外崎春雄 原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス) アニメーション制作:ufotable 声の出演: 花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 小西克幸
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『鬼滅の刃』遊郭編がテレビアニメ化 第1弾PV&ティザービジュアル公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて