ニュース

Huluドラマ『息をひそめて』に夏帆、石井杏奈、村上虹郎、安達祐実、斎藤工

『息をひそめて』メインビジュアル
『息をひそめて』メインビジュアル

Huluオリジナルドラマ『息をひそめて』が4月23日から配信される。

中川龍太郎が監督を務める同作は、2020年コロナ禍となった多摩川沿いの街を舞台に8編のオリジナルストーリーで綴るオムニバスドラマ。

第1話「人も場所も全ては無くなる」には夏帆、斎藤工、第2話「帰りたい場所が、ずっとなかった」には石井杏奈、萩原利久、長澤樹、第3話「君が去って、世界は様変わりした」には村上虹郎、安達祐実、横田真悠、第4話「この町のことが好きじゃなかった」には蒔田彩珠、光石研、第5話「たまに遠く感じる、君のことが」には三浦貴大、瀧内公美、第6話「あなたの速さについていけないことがある」には瀧内公美、三浦貴大、第7話「誰のために歌うの?」には小川未祐、斎藤工、第8話「この窓から見える景色が、僕の世界だ」には斎藤工、夏帆が出演。

現時点で夏帆は食堂を営むも緊急事態宣言により客が激減した増田妃登美役、斎藤工は高校教師の水谷光生役、石井杏奈は帰りたい場所もなくひとり学生寮に留まる大学生・高岡七海役、村上虹郎はごみ収集員アルバイト・宮下心平役、安達祐実は宮下心平とマッチングアプリで出会う会社員・松崎妃美役、蒔田彩珠は大学進学を控える三隅夕河役、光石研は夕河の父・雅人役、三浦貴大と瀧内公美はリモートワークで24時間顔をつきあわせる十和田淳と皐月の夫婦役、小川未祐は高校3年生の珠美役を演じることが判明している。

脚本は中川龍太郎監督と高田亮、音楽はharuka nakamuraが担当。撮影監督は上野千蔵が務めた。4K映像、5.1chサラウンドで制作。初回のみ4話同時配信となり、以降毎週金曜に1話ずつ追加される。

中川龍太郎監督のコメント

2020年は、世界中の誰にとっても、特別な一年だったと思います。
この物語は、その一年を生きた、河原の町で生活する“普通の人々”の物語です。
誰もが息をひそめて生きていかざるをえなかったこの一年。
「息をひそめて、前を向く」
困難な時代だからこそ、私たちは投げやりになることなく、背筋を伸ばし、生きられるかどうかが試されている気がします。
こんな時だからこそ、優しく在りたい。
そんな気持ちで紡いだ8つの結晶(物語)に触れてもらえましたら幸いです。

夏帆のコメント

『息をひそめて』というタイトルがとても素敵だと思いました。
生きることに器用になれない登場人物たちのささやかな変化を、柔らかな光と優しい眼差しで切りとった作品です。
わたしが演じた妃登美は、凛とした強い女性に見えるけれど、脆くて繊細な一面も持ちあわせた女性です。
そんな彼女が1話の中で、少しだけ心のドアを開いて、半歩踏み出すその姿を、丁寧に演じていきたいと思いました。

石井杏奈のコメント

脚本を読ませていただいた際に、まさにこの今の時代の流れを象徴している作品だととても思いました。自粛期間は、人と会わないことが人を救うことになるという、非日常のルールをみんなが感じていたと思います。この脚本を読んで改めてそのことを強く感じましたし、あの時に自分の感じた思いや気持ちが全て重なったので、この作品の世界に入ることがとても楽しみでした。

村上虹郎のコメント

短いストーリーの中で、脚本の段階から人間がすごく丁寧に描かれており、中川龍太郎監督という人が撮る作品は突出した刺激的なハプニングが起きることに執着することがなく、頼ったりせずに、日常から人の変化を見つけていくことがすごく得意な方だと思いますし、今回もその部分が存分に表れている作品になっていると思います。

安達祐実のコメント

少しの男女の関係、恋愛っぽい雰囲気を見てる方に楽しんでいただけて、マッチングアプリで出会う男女のちぐはぐな感じに共感していただける部分があると思います。そして、この変わってしまった世界の中で、人々がどういう風に生きているかを見ていただき、何となく「ああ、そうだよな」って、どこかに心を寄せて共感してもらえたら嬉しいです。

斎藤工のコメント

この物語群はモノローグ(心の声)によって登場人物の心の形が補填され、言葉のやり取りだけではない、絵葉書のような風情、情感、余白の連鎖からなる、美しい私小説的な作品です。
私自身演じていて浄化されていく感覚がありました。
それぞれの物語に、観た方の心当たりが見付かる事を願っております。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察