明石家さんまプロデュース『漁港の肉子ちゃん』声優に大竹しのぶ、特報到着

明石家さんまプロデュースの劇場アニメーション映画『漁港の肉子ちゃん』の公開日が6月11日に決定。主人公・肉子ちゃん役を大竹しのぶが演じることがわかった。

同作は、漁港の船に住む肉子ちゃんとキクコの2人きりの母娘の軌跡と成長を描いた西加奈子の同名小説をアニメ化するもの。監督を渡辺歩、キャラクターデザイン、総作画監督を小西賢一が務め、脚本を大島里美、アニメーション制作をSTUDIO4℃が手掛ける。物語を支える少年役に花江夏樹がキャスティング。

肉子ちゃんは情に厚く、惚れっぽい性格で、すぐ男にだまされるが、「周囲をハッピーにする才能」に溢れているキャラクター。大竹しのぶとは「蟹座のA型」という共通点がある。

発表とあわせて特報映像が公開。「私と肉子ちゃんは、ちょっと訳ありで漁港の船で暮らしている」というナレーションや、肉子ちゃんが「朝やで、キクリン! 学校食べて、ゴハン行かなっ!」と言い間違えながら着替える様子、明石家さんまが声をあてたバス停の看板に張りつくヤモリの「みてや!」という言葉などが確認できる。

明石家さんまのコメント

大竹しのぶ起用の理由について
共同プロデューサーたちが大竹しのぶさんを肉子ちゃん役で推薦してきたので、それならオファーしてみてくださいと。そしたら大竹さんから「(さんまさんが)どうしても私に演ってほしいって言ったんでしょ」と言われたけど、それは言ってない(笑)。仕事としてお願いするからには正式なルートで依頼してねと伝えたんです。
渡辺監督も肉子ちゃんと大竹さんがパチンときたとおしゃっていて、肉子ちゃん役が一番最初に決まった。
(今回オファーを)受けてくれてありがたい。頼りにしております。

大竹しのぶのコメント

原作を読み、笑って泣いて。映像を見て、また更に笑って、泣けて。
大変なときも、大変なことも「ガハハ」と笑って受け止めちゃう肉子ちゃんを尊敬します。
プロデューサーであるさんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。
そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります。

作品情報

『漁港の肉子ちゃん』

2021年6月11日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開
監督:渡辺歩 脚本:大島里美 原作:西加奈子『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎文庫) キャラクターデザイン・総作画監督:小西賢一 アニメーション制作:STUDIO4℃ 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 明石家さんまプロデュース『漁港の肉子ちゃん』声優に大竹しのぶ、特報到着

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて