松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』新場面写真到着 役作りのアプローチ明かす

映画『BLUE/ブルー』の新場面写真が到着した。

4月9日から公開される同作は、ボクシングの挑戦者を象徴する「ブルーコーナー」で戦い続ける者たちの生き様を描く作品。誰よりも努力し、情熱を注ぐも負け続きの先輩ボクサー瓜田信人、抜群の才能とセンスを持ち、チャンピオン目前の後輩ボクサー小川一樹、意中の相手のために始めたボクシングにのめり込んでいく新人ボクサー楢崎剛、瓜田の初恋の相手で現在は小川の婚約者・天野千佳の織り成す物語が映し出される。瓜田信人役を松山ケンイチ、小川一樹役を東出昌大、崎剛役を柄本時生、天野千佳役を木村文乃が演じる。『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』などの吉田恵輔が監督、脚本、殺陣指導を務めた。

場面写真は瓜田信人がトレーニングする姿を切り取ったもの。松山は「ボクシングと関西弁は見る人が見れば、嘘がバレてしまうというリスクを孕んでいる」という理由から、当初は『BLUE/ブルー』への出演を断ろうと思っていたというが、約2年という時間をかけて役作りを行なった。松山は身体を作り上げるのではなく、佇まいを本物にするというアプローチを実行。縄跳び、ミット打ち、サンドバッグ、防御の練習など、一般的なトレーニングをこなしつつも「大事にしたのは、ジムにずっといること。練習している人や、トレーナーがどういう掛け声でミットを打っているかとか、常に見ていました」と語った。

作品情報

『BLUE/ブルー』

2021年4月9日(金)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督・脚本:吉田恵輔 主題歌:竹原ピストル“きーぷ、うぉーきんぐ!!” 出演: 松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 東出昌大 上映時間:107分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』新場面写真到着 役作りのアプローチ明かす

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて