新たなコマーシャルギャラリー「GALLERY ROOM・A」が浅草に誕生

コマーシャルギャラリー「GALLERY ROOM・A」が4月10日に東京・浅草 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1F STORAGE 1にオープンする。

アートプラットフォーム「ArtSticker」を運営するThe Chain Museumと、インディペンデントキュレーター青木彬が共同運営する「GALLERY ROOM・A」では、国内外で活動するアーティストの個展を定期的に開催。個展、作品販売に加えて、ホテル客室での展示企画、地域性を活かしたワークショップ、宿泊プログラム、トークイベントなどを通じてアートを多様な解釈の中で経験するための場所としていく。

作品鑑賞と作家による音声ガイドを楽しむことができるアートルームの宿泊プランでは、展示作家が自由な表現で作品を展示する「Concept Room」と、作品の問いかけに作品で答える「Answer Room」の2部屋を用意。それぞれ1日1組限定となる。

4月10日からオープニング展覧会として開催される藤元明の個展は、有田焼の窯元と共同して倉庫に眠っていた工芸品の壺などを転写型絵付釉薬やペインティングによって作品として蘇らせたシリーズを中心に構成。「Concept Room」では藤元明のアートプロジェクト『ソノアイダ』で制作した新作を展示し、「Answer Room」では遠山正道『Spinout Hours ~失われた2時間~』の問いに対して藤元明が作品で答える。現在予約を受付中。4月24日から宿泊可能となる。5月29日からは小川武、7月10日からはDIEGOの個展を開催。

青木彬のコメント

「Experience in ART」

作品の購入は、何のために行われるのか?
アーティストはどのように作品を生み出しているのか?
私たちにとって作品とはどんな効果をもたらすものなのか?
商品に使用価値があるように、アートの未知なる使用価値について探索してみましょう。
GALLERY ROOM・Aでは作品の鑑賞や購入、アーティストとの対話や宿泊プログラムを通じて、あるときはクリニックのように人を癒し、またあるときはアカデミーのように学びの場となる可能性を拓いていきます。

  • HOME
  • Art,Design
  • 新たなコマーシャルギャラリー「GALLERY ROOM・A」が浅草に誕生

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて