水野良樹の対談本に堀込高樹、吉澤嘉代子、中村佳穂、塩塚モエカら14人

書籍『うた/ことばラボ~「うた」と「ことば」についての14の対話』が、4月14日に刊行される。

同書は、2019年から連載されているぴあアプリの対話シリーズ「うた/ことばラボ」をもとにまとめたもの。「うた/ことばラボ」では、水野良樹(いきものがかり)が聞き手となって音楽家、表現者と語り合う内容が更新されている。

対談相手には、中村佳穂、関取花、吉澤嘉代子、塩塚モエカ(羊文学)、橋口洋平(wacci)、KREAVA、松井五郎、尾形真理子、Kan Sano、本間昭光、一青窈、秦基博、堀込高樹(KIRINJI)、新藤晴一(ポルノグラフィティ)がラインナップ。新藤晴一との対談は書籍限定となる。

発売日の4月14日は、3月31日にリリースされるいきものがかりのニューアルバム『WHO?』を携えて開催される有観客ツアーの初日。ライブ会場で購入すると特典が付属する。特典内容は後日発表。

書籍情報

『うた/ことばラボ~「うた」と「ことば」についての14の対話』

2021年4月14日(水)発売 価格:1,700円(税込) 発行:ぴあ
  • HOME
  • Book
  • 水野良樹の対談本に堀込高樹、吉澤嘉代子、中村佳穂、塩塚モエカら14人

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて