テクノロジーアートの祭典『Media Ambition Tokyo 2021』4月27日から開催

テクノロジーアートの祭典『Media Ambition Tokyo 2021』が4月27日から東京・六本木の東京シティビューで開催される。

今年で9回目となる『Media Ambition Tokyo』は、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース。2021年は感染拡大防止に十分な配慮を行いながらリアルとオンラインを組みあわせたハイブリッドな展覧会を行なう。会場は六本木が中心となり、最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショーなどが集結。アーティスト、様々な分野のイノベーター、企業と共に進化していくテクノロジーがアートで繋がり、拡大し、増殖していくテクノロジーアートの祭典を目指すとのこと。

参加アーティストは、落合陽一、水口哲也、脇田玲、WOW、西條鉄太郎、シナスタジアラボ feat. evala、藤井直敬、南澤孝太、MES、OPEN MEALS、市原えつこ×渡井大己、小野澤峻、会田寅次郎、Mayuka Otsukiら。

イベント情報

『Media Ambition Tokyo 2021』

2021年4月27日(火)〜5月23日(日) 会場:東京都 六本木 東京シティビューほか
  • HOME
  • Art,Design
  • テクノロジーアートの祭典『Media Ambition Tokyo 2021』4月27日から開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて