松本隆のトリビュートアルバムが7月発売 池田エライザ、三浦大知らが参加

松本隆のトリビュートアルバムが7月14日にリリース。第1弾参加アーティストが発表された。

作詞活動50周年を迎えた松本隆。亀田誠治がプロデューサーを務めるアルバムのプロジェクトは2019年末からスタートし、アーティストのブッキングや制作スケジュールにコロナ禍の影響が出たものの、昨年11月からレコーディングがスタートしたとのこと。

同作はCDのみの通常盤に加えて、アナログ盤と特典本が付属する初回限定生産盤の2形態が用意される。100ページ以上で構成される特典本には、松本が歌詞を提供したアーティストとの対談やソロインタビュー、楽曲をイメージした撮り下ろしグラビア、描き下ろし短編漫画、様々な切り口で松本の詞の世界を表現したコラムなどを収録。

今回参加が明らかになったのは、池田エライザ、GLIM SPANKY、Daoko、三浦大知、宮本浩次。あわせて池田エライザが“Woman“Wの悲劇”より”を歌唱することも発表され、レコーディング映像が公開された。そのほかの参加アーティストと楽曲は後日発表。

リリース情報

V.A
『タイトル未定』初回限定生産盤(CD+アナログ盤)

2021年7月14日(水)発売 価格:11,000円(税込) COZP-1747/8
リリース情報

V.A
『タイトル未定』通常盤(CD)

2021年7月14日(水)発売 価格:3,300円(税込) COCP-41453
  • HOME
  • Music
  • 松本隆のトリビュートアルバムが7月発売 池田エライザ、三浦大知らが参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて