『OTO TO TABI in GREEN』6月に札幌で開催 第1弾でSTUTS、環ROY、羊文学ら

野外音楽イベント『OTO TO TABI in GREEN』が6月19日に北海道・札幌芸術の森 野外ステージで開催。第1弾出演者が発表された。

「北海道の冬に音楽フェスを」という思いから2011年にスタートした『OTO TO TABI』。2020年に10回目を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの影響によって開催を断念した。

『OTO TO TABI in GREEN』は「時期や場所を変えることで開催の見込みがあるのでは」という考えから実施。昨年の『OTO TO TABI×札幌PARCO』の経験を活かし、指定席とエリア指定席を設け、1ステージで行なわれる。会場の最大収容人数5000人に対し、関係者やスタッフを含めて1000人から1500人程の規模での開催を計画しているとのこと。

第1弾出演者はSTUTS(with 仰木亮彦[Gt], 高橋祐成[Key])、環ROY、羊文学、今回が初ライブとなるLAUSBUB。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『OTO TO TABI in GREEN』

2021年6月19日(土) 会場:北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
出演: STUTS(with 仰木亮彦[Gt], 高橋祐成[Key]) 環ROY 羊文学 LAUSBUB 料金:前売8,000円 当日9,000円
  • HOME
  • Music
  • 『OTO TO TABI in GREEN』6月に札幌で開催 第1弾でSTUTS、環ROY、羊文学ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて