ニュース

尾野真千子×石井裕也『茜色に焼かれる』に仲野太賀、池松壮亮らがコメント

『茜色に焼かれる』 ©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
『茜色に焼かれる』 ©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

石井裕也監督の新作映画『茜色に焼かれる』に寄せた著名人コメントが到着した。

5月21日から公開される同作は、哀しみと怒りを心に秘めながらも、我が子への愛を抱えて気丈に振る舞う母と、その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子が懸命に生きる姿を描く作品。多難の時代に逆風を受けながら、前向きに歩もうとする田中良子役を尾野真千子、良子の息子・純平役を和田庵、純平が憧れを抱く良子の同僚ケイ役を片山友希、交通事故で命を落とす夫・陽一役をオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長役を永瀬正敏が演じる。主題歌はGOING UNDER GROUNDの“ハートビート”。

コメントを寄せたのは、仲野太賀、池松壮亮、前田敦子、古舘寛治、松尾貴史、角田光代、加藤千恵、はあちゅう、室井佑月、齋藤薫、伊藤詩織、鮫島浩、上野千鶴子、湯浅誠、三浦瑠麗、水谷修、武田砂鉄。

仲野太賀のコメント

誰しもが歯を食いしばり、生きてる。
誰かを傷つけない為に、演じてる。
母ちゃんから受け取った誇りは、きっとあの少年を勇敢にする。
親子の帰り道、純真な愛の告白に涙が溢れました。

池松壮亮のコメント

人類の終末感に相応しい美しい夕焼けと、生き延びてきた自己の物語。
どんなに世界に傷つけられても田中良子は生きている。
その魂の咆哮に、涙が止まらなかった。
身一つで請け負う女性のその圧倒的な姿は、夕焼けよりも美しい。

前田敦子のコメント

石井監督やっぱりすごいです。尾野さん、はじめとするみなさんの熱演、本当に全てが素晴らしすぎて、魂が震える感覚を知れた気がします。
「愛」の底力って計り知れない。

古舘寛治のコメント

このクソのような世の中で真面目に誠実に日本の映画を撮ろうとしたらこうなった。
そんな映画だ。

松尾貴史のコメント

今の社会にこびりつく理不尽な決まり事に踏みつけられる母と子の、ひたすらにしなやかでひたむきな姿に、ただ心を締めつけられる。
我が事として、今見るべき物語。

角田光代のコメント

静かな笑みという鎧でなんとか自身を保っていたひとりの母親が、鎧を脱ぎ捨て、丸腰で闘う姿に、唖然とし、落涙し、そして強く励まされた。

加藤千恵のコメント

激しい作品だ。
良子の苦しみが、純平の切実さが、ケイの絶望が、そしてどうしたって溢れでてしまうあらゆる愛が、願いが、見ているわたしたちに一つずつ突き刺さる。

はあちゅうのコメント

どこかで大きなどんでん返しや、救いがあってほしいと願いながら見続けた。
私たちは「努力すれば報われる」とか「神様はきっと見ている」と心のどこかで信じているけれど、本当にそうだろうか?
誰にも救ってもらえない人生は、どう生きるのが正解だろうか。そんなことを考えた。

室井佑月のコメント

人は哀しい。どうしてこんなに哀しいんだろう。
映画を観て、あたしは泣いた。
映画に、自分やまわりの人々を投影したからだ。
それでも、人でありたいと願う多くの仲間に、この映画を勧める。観て良かった。

齋藤薫のコメント

完全なる不幸の中に散りばめられた、一瞬の幸せの一つ一つに心が震える。
しかもその単純ではないコントラスト表現の見事さと、尾野真千子の喜怒哀楽の素晴らしさにも目を見張った。

伊藤詩織のコメント

「なんで怒らないの」何度もどこかで聞いた言葉だ。
人に起きたことなら怒れるのに、なんでだろう。
自分の怒りと素直に向き合えた時、人は解放されるのかもしれない。

鮫島浩のコメント

公営団地に暮らす母子家庭、母の失恋そして包丁の追憶。
息子の境遇が我が身に重なり、感情移入してしまった。
格差が格差を生む理不尽な社会に差し込む茜色の未来が美しい。

上野千鶴子のコメント

日本のシングルマザーが経験するありとあらゆる苦難がこれでもかと。
それをコロナ禍がさらに直撃した。
でも、誇りは捨てない。この怒りは誰に届くだろうか?

湯浅誠のコメント

追いつめられ、壊れかけつつも、踏みとどまっている――
その際(エッジ)を生き抜くすべての人々が等身大の〈自分〉を見出せる映画だ。

三浦瑠麗のコメント

不条理を一身に浴びながら、それでも生きていく主人公が眩しい。
溜めすぎた怒りを、悲しみを、叫びを受け止めながら、終いに癒しに導かれる。
すごい映画でした。

水谷修のコメント

「生きる」とは、幸せを求めることと考えている人たちにこそ、見て欲しい。
墜ちても落ちても抗い生きる。つらい苦しみの中にこそ在る生きる意味。
こころに刺さります。

武田砂鉄のコメント

息苦しい社会なのに、息の苦しさは隠蔽される。
この作品は、その隠蔽を剥がして剥がして剥がして明らかにする。
荒々しい息が聞こえてくる。たじろぐ。情けないほどにたじろく。

『茜色に焼かれる』 ©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
『茜色に焼かれる』 ©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察