宇多田ヒカル“PINK BLOOD”PVの世界観を体感、Ginza Sony Parkで展示開催

イベント『宇多田ヒカル「PINK BLOOD」EXHIBITION』が6月5日から東京・Ginza Sony Parkで開催される。

本日6月2日に配信リリースされた“PINK BLOOD”は、現在NHK Eテレで放送中のアニメ『不滅のあなたへ』主題歌に起用。PVのディレクターを谷川英司(Creative Lab.TOKYO)が務めた。

事前予約制の同イベントでは、フォトグラファーTAKAYによる撮り下ろし写真をプリントで展示するほか、PVの撮影で使用された衣装やセット、鏡を使ったフォトブースを展開。大画面でのPV上映も行なわれる。また、全国のソニーストアで規模を縮小した巡回展の実施を検討中とのこと。

谷川英司(Creative Lab.TOKYO)のコメント

PINK BLOODを初めて聞かせてもらった時に感じた『現代に生まれる讃美歌』のようだ、というファーストインプレッションを大切にしながら、『成長』とは、アイデンティティと向き合い、自問・自覚・葛藤しながら、自己を形成するプロセスの新たなステージへ向かう事であり、つまりは、それが大人になるという事である、という概念を、全体を通してそこはかとなくでも感じてもらえれば幸いです。
時代に左右されない、強いMVができたと自負しております。

TAKAYのコメント

展示ではかなり大きく写真を引き伸ばす機会を頂いたのですが、大きいからと言って写真のクオリティーを下げたくなかったので、大判プリントでもクオリティーをキープしたまま額装まで仕上げました。
暗闇の中に浮かび上がるようなイメージで展示を出来ればと考えました。

山田直樹のコメント

白ドレス衣装について
監督の谷川さんから近代的にも古典的にも見えるような、不変的で時代を感じないものにしてほしいと依頼を受けました。
今回の映像コンセプトである讃美歌であったり、Caravaggioの宗教画のような世界観を読み解き、宗教画に出てくる彫刻像をイメージして表現しています。
ベージュのシルク生地をグレー味がでるように染め、ハンドドレープで構成しています。
黒ラバー衣装について
真っ黒の水面に横たわっている女性の姿。
画の中心から、生命の力強さ、うねりを表現したいと思いました。
水との相性を考え、周りの女性達も含め全てラバー素材で製作しています。
植物の衣装について
万物との共鳴、植物融合。自然に還るような世界観。
alice auaaさんから生地提供して頂き、蜘蛛の巣のようなオリジナル生地と実際の植物を10層以上にも重ねて製作しています。
繊細な細部までご覧ください。

イベント情報

『宇多田ヒカル「PINK BLOOD」EXHIBITION』

2021年6月5日(土)~6月18日(金) 会場:東京都 Ginza Sony Park 地下2階 時間:11:00~19:00 料金:無料
  • HOME
  • Music
  • 宇多田ヒカル“PINK BLOOD”PVの世界観を体感、Ginza Sony Parkで展示開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて