ニュース

RADWIMPSのバーチャルライブ体験『SHIN SEKAI “nowhere”』7月開催

『RADWIMPS「SHIN SEKAI “nowhere”」』キービジュアル
『RADWIMPS「SHIN SEKAI “nowhere”」』キービジュアル

バーチャルライブエクスペリエンス『RADWIMPS - SHIN SEKAI “nowhere”』が7月16日から18日に開催。本日6月21日にアプリダウンロードおよびパスの販売がiOSとAndroidでスタートした。

昨冬に無料版が開催された『RADWIMPS - SHIN SEKAI “nowhere”』のコンセプトは、ユーザーがRADWIMPSの楽曲世界の主人公となる音楽体験「ROLE-PLAYING MUSIC」。クリエイティブ集団PARTYが開発したバーチャルパークシステム「VARP」を使用し、依然としてライブ活動の場が制限される状況下で、RADWIMPSがアーティストとしてやれること、前進することを考え抜き、今しかできない表現に挑戦するという。

今回はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界40以上の国と地域で配信。表現、映像、技術などがアップデートされ、バーチャル世界の中で使えるスペシャルアバターなどのデジタルグッズも用意される。「SHIN SEKAI」最新版をダウンロードし、アプリ内「SHOP」で有料パスを購入すると全公演を視聴可能。公演は各日11:00、16:00、22:00から開催される。対応言語は日本語と英語。各回、配信内容は同一となる。

7月4日までパスの限定早割を実施。また、「Supporters on Twitter 企画『エンドロールに「あなた」の名前を刻もう。』」も行なわれる。詳細は6月22日にRADWIMPSの公式Twitterアカウントで発表。

野田洋次郎(RADWIMPS)のコメント

SHIN SEKAIの最終章の始まりです。
コロナにおけるかつて経験したことのない日々が1年以上経過しました。
命とは、日常とは、希望とは、家族とは、仕事とは、音楽とは、未来とは。これほど自らを振り返るきっかけは人生の中でなかったように思います。
それでも人間の強さを信じます。どれだけ強大なウィルスが僕らの日常を奪おうと、目の前に立ちはだかろうと人間は抗うことをやめません。そんな気づきを与えてくれた1年でもありました。そしてこのSHIN SEKAIもそんな一つの抵抗、新たな挑戦です。今回のステージ「nowhere」ではVARP空間からかつてない共同ライブ体験を皆さんと共に作り上げます。新しい感覚を、共に経験できることを楽しみにしています。
では、「nowhere」でお逢いしましょう。

RADWIMPS 野田洋次郎

ステートメント

2021年、この世界は変わり続けている。

僕も、君も、世界も、
日々、あたらしくなっていく。

時はおそろしい速さで過ぎていき、
昨日までの常識はあっという間に「古(いにしえ)」になる。

正解なんて、きっと、どこにもない。
だから、前に進むしかないんだ。

行こう。
まだ誰も知らない「どこか」へ。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」