アートイベント『ALTERNATIVE KYOTO』が9月から京都各所で開催

アートイベント『ALTERNATIVE KYOTO−もうひとつの京都−想像力という〈資本〉』が9月24日から京都各所で開催される。

『ALTERNATIVE KYOTO–もうひとつの京都−』は、京都が日本博の一環として企画、運営するアートプロジェクト。地域文化に触れる新たな機会を創出し、観光誘客の促進・地域経済の活性化を図ることを目的に、「海の京都(府北部)」「森の京都(府中部)」「お茶の京都(府南部)」各エリアの歴史、風土、有形文化財、名勝、景観、自然、生活文化などを題材としている。

今回のテーマは「想像力を持つアートが新たな資本として来るべき社会を変えて行く可能性」。地域文化と先端技術を組み合わせたデジタルアートによる空間演出や、地域文化資源発信型のアーティストインレジデンスを活用した現代アート作品を展開し、地域の文化資源の魅力を引き出し、国内外へ発信、観光インバウンドの拡充と地域経済の活性化に繋がる取り組みとして実施される。

9月24日から『風景泥棒 3 -Landscape Rippers 3-』『天への架け橋』『シルクロード–Boundaries–』、10月1日から『余の光–Light of my World–』『南譚:介在する因子』『H ŌJ Ō!なう』がスタート。一部プログラムは金、土、日曜、祝日のみの開催となる。

京丹後市内で行なわれる『風景泥棒 3 -Landscape Rippers 3-』は実際に京丹後の風土を巡りながらアーティストそれぞれが京丹後で「盗んだ」風景を鑑賞する構成で展開。SIDE CORE、石毛健太、田中良佑、鷲尾怜、BIENらが参加する。

宮津の天橋立公園内、天橋立公園内小天橋広場、元伊勢籠神社、丹後国分寺跡で実施される『天への架け橋』は、光や映像、サウンドを用いたデジタルアートによる幻想的な世界を演出。参加アーティストに平井真美子、長町志穂、原摩利彦、白木良、ヤノベケンジ、池田亮司がラインナップしている。

与謝野町の旧加悦町役場庁舎で開催される『シルクロード–Boundaries–』では、尾崎ヒロミ(スプツニ子!)と串野真也とのコラボレーションからうまれたユニット「ANOTHER FARM」が伝統的な技術と最新のテクノロジーを駆使した実験的な作品を発表。

福知山城公園、旧銀鈴ビルで行なわれる『余の光–Light of my World–』は、三谷正、山中suplex、ヒスロムによる「光」をテーマとした展覧会や、地域の歴史や風土などを題材としたメディアアート作品の展示を行なう。

南丹市内で実施される『南譚:介在する因子』は、昨年度の『京都:Re-Search in 南丹』でのリサーチをもとに地域の新しいアートドキュメントを作成する展覧会を実施。荒木悠、亀川果野、黒木結、小山渉、山田春江、羊喘兒が名を連ねる。

八幡で開催される『H ŌJ Ō!なう』は、昨年度の『京都:Re-Search in 八幡』でのリサーチをもとに地域の新しいアートドキュメントを作成する展覧会を行なう。石川竜一、佐々木香輔、藤生恭平、宮本一行、島袋道浩がラインナップ。

各プログラムの詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

関連イベントとして、オンラインキックオフフォーラム『想像力という〈資本〉―来るべき社会とアートの役割―』が11月7日まで配信中。コロナ禍で変わりゆく社会におけるアートの役割を取り上げる。オードリー・タン、ラウリン・ウェイヤース、岩崎秀雄、占部まり、奥野克巳、四方幸子が参加。

イベント情報

『ALTERNATIVE KYOTO−もうひとつの京都−想像力という〈資本〉』

2021年9月24日(金)〜11月7日(日) 会場:京都府 京丹後、宮津、与謝野町、福知山、南丹、八幡
『風景泥棒 3 -Landscape Rippers 3-』 2021年9月24日(金)~11月7日(日) 会場:京都府 京丹後市内 参加: SIDE CORE 石毛健太 田中良佑 鷲尾怜 BIEN ほか ※金〜日曜、祝日のみ(11月4日は臨時公開) 『天への架け橋』 2021年9月24日(金)~11月7日(日) 会場:京都府 宮津 天橋立公園内、天橋立公園内小天橋広場、元伊勢籠神社、丹後国分寺跡 参加: 平井真美子 長町志穂 原摩利彦 白木良 ヤノベケンジ 池田亮司 ※一部の作品は金〜日曜、祝日のみ展示(11月4日は臨時公開) 『シルクロード–Boundaries–』 2021年9月24日(金)~11月7日(日) 場所:京都府 与謝野町 旧加悦町役場庁舎 参加: ANOTHER FARM ※金〜日曜、祝日のみ(11月4日は臨時公開) 『余の光–Light of my World–』 2021年10月1日(金)~11月7日(日) 会場:京都府 福知山城公園、旧銀鈴ビル 参加: 三谷正 山中suplex ヒスロム ※金〜日曜、祝日のみ(11月4日は臨時公開) 『南譚:介在する因子』 2021年10月1日(金)~11月7日(日) 場所:京都府 南丹市内 参加: 荒木悠 亀川果野 黒木結 小山渉 山田春江 羊喘兒 ※金〜日曜、祝日のみ(11月4日は臨時公開) 『H ŌJ Ō!なう』 2021年10月1日(金)~11月7日(日) 場所:京都府 石清水八幡宮、松花堂庭園・美術館 参加: 石川竜一 佐々木香輔 藤生恭平 宮本一行 島袋道浩
  • HOME
  • Art,Design
  • アートイベント『ALTERNATIVE KYOTO』が9月から京都各所で開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて