ジム・ジャームッシュ特集上映パンフに永瀬正敏、今泉力哉、細野晴臣ら15人

上映イベント『JIM JARMUSCH Retrospective 2021』のパンフレット、数量限定のトートバッグとB2サイズポスターが7月2日から各劇場で販売される。

7月2日から都内4館でジム・ジャームッシュの監督作品を上映する『JIM JARMUSCH Retrospective 2021』。新宿武蔵野館では『ダウン・バイ・ロー』『デッドマン』『コーヒー&シガレッツ』『デッド・ドント・ダイ』、ヒューマントラストシネマ有楽町では『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『パターソン』、アップリンク吉祥寺では『パーマネント・バケーション』『ナイト・オン・ザ・プラネット』『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』、渋谷のCINE QUINTでは『ミステリー・トレイン』『ゴースト・ドッグ』『ギミー・デンジャー』がラインナップしている。CINE QUINTの上映作品は7月16日から22日まではWHITE CINE QUINTで上映。

パンフレット、トートバッグ、B2サイズポスターのデザインは全て大島依提亜が担当。パンフレットには作品スチール、ジャームッシュ監督のメッセージが掲載されているほか、永瀬正敏、北村道子、今泉力哉、渡辺大知、角田光代、尾崎世界観、オダギリジョー、細野晴臣、荘子it(Dos Monos)、山本千織(chioben)、ヒグチユウコ、文月悠光、志磨遼平(ドレスコーズ)、山下敦弘、鋤田正義が寄稿している。

トートバッグは、新宿武蔵野館で『コーヒー&シガレッツ』、ヒューマントラストシネマ有楽町で『ストレンジャー・ザン・パラダイス』、CINE QUINTで『ゴースト・ドッグ』、アップリンク吉祥寺で『ナイト・オン・ザ・プラネット』のデザインのものを販売。

B2サイズポスターは、新宿武蔵野館で『ダウン・バイ・ロー』『デッドマン』『コーヒー&シガレッツ』 、ヒューマントラストシネマ有楽町で『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『パターソン』、CINE QUINTで『ミステリー・トレイン』『ゴースト・ドッグ』、アップリンク吉祥寺で『パーマネント・バケーション』『ナイト・オン・ザ・プラネット』『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を取り扱う。7月2日12:00からロングライドのオンラインストアでも販売。

イベント情報

『JIM JARMUSCH Retrospective 2021』

2021年7月2日(金)~7月22日(木・祝) 会場:東京都 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷 CINE QUINT、アップリンク吉祥寺
上映作品: 『ダウン・バイ・ロー』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『デッドマン』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『コーヒー&シガレッツ』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『デッド・ドント・ダイ』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『パターソン』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『ミステリー・トレイン』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『ゴースト・ドッグ』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『ギミー・デンジャー』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『パーマネント・バケーション』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『ナイト・オン・ザ・プラネット』(監督:ジム・ジャームッシュ) 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(監督:ジム・ジャームッシュ)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジム・ジャームッシュ特集上映パンフに永瀬正敏、今泉力哉、細野晴臣ら15人

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて