横尾忠則が描いた肖像画139点を紹介する『横尾忠則:The Artists』開催

展覧会『横尾忠則:The Artists』が7月21日から東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催される。

同展では、横尾忠則が2014年に設立30周年を迎えたカルティエ現代美術財団の依頼を受けて描いた肖像画シリーズ展示。石上純也、川内倫子、アニエス・ヴァルダ、蔡國強、三宅一生、サラ・ジー、マーク・ニューソン、ロン・ミュエクといった様々なアーティスト、哲学者、科学者らの肖像画全139作に加えて、岡本憲昭が同展のために制作した映像を紹介する。

また、7月17日から個展『GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?』が東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催。

イベント情報

『横尾忠則:The Artists』

2021年7月21日(水)〜10月17日(日) 時間:月、水〜金曜11:00〜17:00、土、日曜、祝日11:00〜18:00 休館日:火曜
  • HOME
  • Art,Design
  • 横尾忠則が描いた肖像画139点を紹介する『横尾忠則:The Artists』開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて