堤幸彦監督、50作目の映画『truth ~姦しき弔いの果て~』来年1月公開

堤幸彦監督の新作映画『truth ~姦しき弔いの果て~』が『Rome International Movie Award』最優秀作品賞を受賞。2022年1月7日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

堤監督にとって50作目となる同作は、発起人の広山詞葉が、撮影や舞台などが延期、中止となった仲間に声をかけ、スタートした自主映画。「精子バンク」をテーマに、事故死した男のアトリエに集まったシングルマザーのマロン、受付嬢の真弓、女医・さなが、死んだ男が3人と同時に交際していたことを知り、やがて真実に辿り着く姿をワンシチュエーションの会話劇として描く。

出演者に広山詞葉、福宮あやの、河野知美、「忖度出演」に佐藤二朗が名を連ね、脚本を三浦有為子、音楽を魚返明未が手掛けた。

今回の発表とあわせてティザーポスタービジュアルと場面写真が公開。ティザーポスタービジュアルには、注射器に赤いマニキュアが塗られた指が添えられる様などが写し出されているほか、「ダーリンが死んだ。」というコピーが添えられている。

堤幸彦監督のコメント

コロナ禍、いくつも諦めた作品があり意気消沈していたところ、勇気と元気をくれたのは、作品を創り出すことに強い意志を持っている役者やスタッフ達でした。私の50本目の映画がその力を出発点に、『自主的に、制約から自由に』生まれたことはポストコロナの作品作りの大きな礎になるでしょう。
そしてローマを始め世界の皆さんに評価いただいたことは、そんな仲間と分かち合う何よりの勲章です。
ぜひ日本公開でお会いしましょう!

作品情報

『truth ~姦しき弔いの果て~』

2022年1月7日(金)から新宿シネマカリテほか全国で順次公開
監督・原案:堤幸彦 脚本:三浦有為子 音楽: 出演: 広山詞葉 福宮あやの 河野知美 忖度出演:佐藤二朗 配給:ラビットハウス
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 堤幸彦監督、50作目の映画『truth ~姦しき弔いの果て~』来年1月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて