菅田将暉主演『CUBE 一度入ったら、最後』主題歌は星野源の書き下ろし新曲

映画『CUBE 一度入ったら、最後』の主題歌が星野源の書き下ろし新曲“Cube”に決定した。 10月22日から公開される同作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督『CUBE』の初公認リメイク作品となる密室サスペンス。謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた何の接点も無い6人の男女が、殺人的なトラップに襲われながらも暗号を解読し、「生きる」ために脱出しようとする姿を描く。エンジニアの後藤裕一役を菅田将暉、団体職員の甲斐麻子役を杏、フリーターの越智真司役を岡田将生、中学生の宇野千陽役を田代輝、整備士の井手寛役を斎藤工、会社役員の安東和正役を吉田鋼太郎が演じる。 制作陣は「誰も経験したことのない『CUBE』という場所を、観客に2時間経験してもらったあとに聞く音楽とは一体どういうものなのか」と考え、星野に主題歌をオファー。星野サイドも快諾したとのこと。星野が映画に新曲を書き下ろすのは2018年の“ドラえもん”以来、約3年ぶり。 今回の発表とあわせて最新予告編と新たな場面写真が公開。主題歌“Cube”を起用した予告編では、謎の立方体=CUBEに閉じ込められた6人の姿、レーザートラップが発動するシーン、「劇薬系密室エンタテインメント開幕」というテロップ、6人が怒りの感情を爆発させ、泣き叫ぶ様子などが確認できる。 場面写真には、死のトラップに直面した後藤裕一が必死に生き延びようとする姿が写し出されている。

星野源のコメント

オファーを頂き、カナダのオリジナル版と完成したばかりの日本リメイク版の『CUBE』を観ていると、その猟奇的な内容にこれまでになかったような新しい自分の音楽が作れる予感がしました。楽曲制作に入り、己と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが生まれていき、それを音と言葉に封じ込めました。 ぜひ、わーきゃー叫びながら、爆音で聴いてください。

菅田将暉のコメント

圧倒的絶望の中にいて、希望を探す 希望を探すと愚かな自分に出会い 見つかりかけた希望が 自分のせいでまた失ってしまう そんなCUBEという映画が最後星野さんの音楽によってその悲しみや後ろめたさは残したまま希望を持って前に進める作品になる気がしました 映画館から生活に戻っていく中で これはとても大切なことだと思います 悲しみだけで終わらせない星野さんの音楽に頭が上がりません 今とても大事なことだと思います 是非お楽しみに

清水康彦監督のコメント

CUBEは、自分自身と向き合う空間。登場する人物たちは、向き合いたくない自分と向き合うことになります。まさに絶望。しかし、その先にあるものが絶望だけではないのだという、我々がCUBEで最も伝えたいことを、星野さんに描いていただけたように感じました。そして、映画を最後まで見てくれたお客さんを讃える歌でもある。星野さん、CUBEを締めくくるにふさわしい楽曲をありがとうございます。

『CUBE 一度入ったら、最後』制作陣のコメント

多彩な音の引き出しとアイディアに溢れている星野さんならば、映画の最後に、また新たな広がりを与えていただけるのではないかと感じ、この難題に挑んでいただきました。自由な発想で、今までなかった世界観で作っていただいた主題歌「Cube」は、まさに「人間の持つ無限の可能性」ということを形にしたような、思いがけない展開に溢れていて、エモーショナルかつダイナミックに脳内を駆け抜けていくような作品でした。 心から感謝しています。
作品情報

『CUBE 一度入ったら、最後』

2021年10月22日(金)公開
監督:清水康彦 原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』 主題歌:星野源“Cube” 出演 菅田将暉 杏 岡田将生 柄本時生 田代輝 山時聡真 斎藤工 吉田鋼太郎 配給:松竹
『CUBE 一度入ったら、最後』 ©2021「CUBE」製作委員会
『CUBE 一度入ったら、最後』 ©2021「CUBE」製作委員会
星野源
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉主演『CUBE 一度入ったら、最後』主題歌は星野源の書き下ろし新曲

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて