特集 PR

失われつつある漆器を蘇らせる。デザイナーの視察旅行に密着

村上木彫堆朱
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽
失われつつある漆器を蘇らせる。デザイナーの視察旅行に密着

細かな彫りと天然の漆(うるし)による塗りが何層にも重なった「村上木彫堆朱」は、その昔、日本を代表する漆の工芸品として知られていました。しかし、近代の大量生産・大量消費の流れに取り残され、職人や販路は縮小。近年では地元・新潟県村上市に暮らす人々の間で静かに愛用されてきたといいます。

職人の技と、首都圏で活躍するクリエイターが考えた図案のコラボレーションを通じて、この村上木彫堆朱の魅力を再び知ってもらいたい――。そんな興味深いプロジェクトが、現在進行中です。参加クリエイターは、手描きタッチのイラストで知られる塩川いづみ、アパレルブランド「sneeuw」を手がける雪浦聖子、単純な三本線からなる笑顔のイメージを使うとんぼせんせい、愛らしい相撲のイラストを描くはしのちづこの四名。彼らの図案を、職人がぐい呑に仕上げ、展示・販売するのがプロジェクトの最終目標。今回はその制作に先立ち、新潟県の最北端に位置する村上市を訪れ、城下町の雰囲気が残る土地の魅力と職人の仕事現場を取材しました。

吊るし鮭に、果実のようなイクラ丼。「鮭・酒・人情(なさけ)」の街、村上へ

東京駅から、上越新幹線「とき」と、特急列車「いなほ」を乗り継ぐこと約3時間。天候不良のため、途中駅で足止めを食らいながらも無事に到着した村上駅では、その古い面影を残した駅舎に、さっそくメンバーの歓声が上がりました。

左から:はしのちづこ、雪浦聖子、塩川いづみ、素顔初公開のとんぼせんせい
左から:はしのちづこ、雪浦聖子、塩川いづみ、素顔初公開のとんぼせんせい

村上駅前
村上駅前

本日の案内役である、村上堆朱事業協同組合の小杉和也さんとも合流した一行は、ここからまず市の中心街を車で走り、昼食場所の「料亭 能登新」へ。

170年の歴史を持つ老舗料亭「能登新」
170年の歴史を持つ老舗料亭「能登新」

村上堆朱事業協同組合の小杉和也さんが今回の案内役
村上堆朱事業協同組合の小杉和也さんが今回の案内役

ここでは、地元の名物である「はらこ(腹子)丼」……つまりイクラ丼を中心とした、豪華な料理が振舞われます。じつはこの村上市、鮭の天然繁殖法「種川の制」を世界に先駆けて実施するなど、鮭とはとても縁の深い土地なのです。

村上名物・吊るし鮭。鮭のおかげで豊かになった村上藩が「鮭に切腹させてはいけない」という理由から、腹の部分につなぎ目を1か所残すのが伝統
村上名物・吊るし鮭。鮭のおかげで豊かになった村上藩が「鮭に切腹させてはいけない」という理由から、腹の部分につなぎ目を1か所残すのが伝統

「ほかの地域の人が驚くほど、山盛りにするのが村上流」という小杉さんの言葉通り、贅沢に盛られたイクラの味は、まるでとれたての果物のようにフレッシュ。

こちらも村上名物・はらこ丼
こちらも村上名物・はらこ丼

こちらも村上名物・はらこ丼
こちらも村上名物・はらこ丼

村上市では、100種類を超える鮭料理や、「〆張鶴」「大洋盛」といった地酒、そして城下町らしい人情味を表す、「鮭・酒・人情(なさけ)」の言葉が、地域の魅力を伝えるキャッチフレーズとして掲げられています。しかしかつては村上木彫堆朱の名もそれらと並んでいたそうで、「その勢いをまた取り戻したい」という小杉さんの言葉の切実さが印象的でした。

天然の漆と、職人の手仕事にずっとこだわり続けている

続いて一行が向かったのは、小杉さんが店主を務める小杉漆器店。藩の御用商人としても仕えていた、村上市でもっとも古い漆器店では、村上木彫堆朱の名品や商品が並びます。

小杉漆器店
小杉漆器店

古い商家風の建物も立派ですが、客間に足を進めて驚いたのは、天井や柱にも漆が塗られていること。これは、漆を塗ることで木の強度が増し、建物を長持ちさせるための工夫だといいます。

漆塗りの天井
漆塗りの天井

いま「漆器」と呼ばれ、市場に出ているものには、プラスチックを使ったり、合成塗料を織り交ぜた安価なものが数多くあります。一方、村上木彫堆朱の木地はすべて木製。そこに天然の漆を塗り重ねるという、根気のいる塗りの手作業が施されます。

小杉:堆朱の技術は、中国で誕生し、日本には室町のころからありました。当時は、本当に漆だけを積み重ねて器を作っていて、これが本来の「堆朱」です。しかし、それでは多く作るのが大変だということで、木地に彫刻を施し、そこに漆を塗り重ねていく技術が江戸時代に生まれました。それが「村上木彫堆朱」の始まりです。

小杉漆器店では、100年ほど前の名工が手がけた堆朱の硯箱や細かな彫刻が施された茶棚を見ることができます。

近くで見ると、その層の重なりが目を引く
近くで見ると、その層の重なりが目を引く

全面に手作業で装飾が施された茶棚
全面に手作業で装飾が施された茶棚

では、そんな村上木彫堆朱は、なぜ現代において存在感を失ったのでしょうか?

小杉:「本物」にこだわった結果、大量生産の波に取り残されてしまったんです。漆器は何度も塗りを重ねるので、プラスチックや人工塗料を混ぜても、見た目にはほとんどわかりません。ほかの生産地がそうした手法を取るなか、村上ではあくまで天然の漆と、職人の手作業にこだわってきた。それによって時代の波に置いていかれることになったのですが、丁寧に作られた漆器は、使えば使うほどその丈夫さがわかるものです。

左から:はしのちづこ、小杉和也さん、雪浦聖子

鮮やかな帯留やブローチ
鮮やかな帯留やブローチ

ユーモラスな図案や、現代風の図案が施された品も。メンバーからは「意外といろんなタイプの装飾があるとわかった」といった声も聞かれた
ユーモラスな図案や、現代風の図案が施された品も。メンバーからは「意外といろんなタイプの装飾があるとわかった」といった声も聞かれた

漆はその日の天候によって性質が変わる「わがままな素材」と、小杉さんは言います。そんな漆に精通した職人になるには、約10年の修行が必要ですが、かつては市内に500人近くいた熟練工は、いまや50人ほどだと語ります。

親子3代にわたって「塗り師」を継ぐ女性職人

ここからはそんな職人のうち、「塗り」と「彫り」を専門とする二人の仕事場を回ります。まず訪れた「池野漆工芸」は、親子3代にわたって村上木彫堆朱の塗りを担って来ました。塗りを実演してくれた池野律子さんは、この道20年のベテラン塗師です。

「池野漆工芸」の池野律子さん
「池野漆工芸」の池野律子さん

村上木彫堆朱は、生地への「下絵書き」や図案の全体像を彫る「彫刻」に始まり、幾度にもわたる「地塗」「中塗」「上塗」といった塗り、図案の細部を彫る「毛彫り」、最終的な仕上げである「上すり込み」まで、およそ16個の工程によって作られます。

村上木彫堆朱ができるまでの工程(一部)
村上木彫堆朱ができるまでの工程(一部)

この日、池野さんが行なっていたのは、堆朱のコースターへの「上塗」の作業。まず、乾かないように油に浸けていた刷毛を、濾したばかりの漆で丁寧に洗って綺麗にします。

「漆はゴミを嫌うんです」と池野さん
「漆はゴミを嫌うんです」と池野さん

続いてコースターを手に取ると、真綿を中に詰めた「タンポ」という丸い道具を使って漆を乗せていきます。

タンポを漆で洗っているところ
タンポを漆で洗っているところ

ポンッ、ポンッと塗っていく
ポンッ、ポンッと塗っていく

塗っていた赤い漆は、本朱と「赤口」という顔料を混ぜて4時間ほど練ったもので、何度も叩いて厚みを調整。人毛で作られた刷毛で広げます。

刷毛で色を広げている様子
刷毛で色を広げている様子

この刷毛をはじめ、面白かったのは、作業で使われる工夫に満ちた道具類。刷毛は持ち手の部分にも毛が詰まっており、長く使って痛むと、まるで鉛筆のように木を削って、新しい毛を出すといいます。そのため、道具は非常に長持ちで、池野さんが手にする刷毛はお父さんの代から使っているのだとか。

刷毛
刷毛

塗りに使用する道具類
塗りに使用する道具類

塗り終わると、「塗り風呂」という温度や湿度を調整した部屋にコースターを入れ、次の塗りができるまで待ちます。

漆が固まるまでには、およそ24時間が必要
漆が固まるまでには、およそ24時間が必要

塗り風呂へ。名前がかわいい
塗り風呂へ。名前がかわいい

漆は一つひとつ異なるため、事前にガラス板に塗って色の変化を確かめてから使う
漆は一つひとつ異なるため、事前にガラス板に塗って色の変化を確かめてから使う

池野さんは、「塗るのは一瞬だが、準備にとても手間がかかる。でも、自分ではどうにもならない自然の素材だからこその手間が、面白みでもあるんです」と話してくれました。

池野律子さん

Page 1
次へ

イベント情報

『rooms34』

2017年2月15日(水)~2月17日(金)10:00~18:00(予定)
会場:東京都 国立代々木競技場第一体育館

プロダクト情報

村上木彫堆朱 新ブランド「朱器」

現代のクリエイターと村上木彫堆朱の職人のコラボレーションから生まれた、普段使いの漆器ブランド。気持ちを晴れやかに演出する“朱色”を活かしたデザインモチーフで、ひとつひとつ職人の手によって作られています。使い続けるほどに飴色に色づいていく朱器は、世界中に二つとない、あなただけの器となります。第一弾は「朱器の酒器」。酒坏を交わす度に色づく朱色と愉しい絵柄を愛でながら、今宵も一杯、ハレ気分。

プロフィール

塩川いづみ(しおかわ いづみ)

イラストレーター。1980年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告、雑誌、商品などのイラストレーションを手がけるほか、展示発表も行う。

とんぼせんせい

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに、人物、動物、風景、プロダクトなど、様々なイメージに憑依するイラストレーター。個展やグループ展の参加、企業・出版社へのイラスト提供から、ワークショップ講師、トークの司会など、多岐にわたる活動で活躍中。

sneeuw(すにゅう)

2009年スタートのユニセックスのアパレルブランド。コンセプトは「clean and humor」。シンプルな中に遊び心のある仕掛けをちりばめて日常を、少しだけ浮き上がらせる身の回りのものを作っていく。

はしのちづこ

イラストレーター。2012年美術大学を卒業。2013年のイベントをきっかけに手を繋いだお相撲さんのライブペイントやグッズを作り始める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)