特集 PR

きのこ帝国、HIFANA、DAOKO、映像と紡いだこの日限りのライブ

『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』
テキスト
金子厚武
編集:飯嶋藍子
きのこ帝国、HIFANA、DAOKO、映像と紡いだこの日限りのライブ

音楽とカルチャーの祭典で繰り広げられた、このひ限りのライブと映像体験

スペースシャワーTVが主催する音楽とカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY』が今年も開催され、3月初めの1週間にわたって様々な企画が展開された。

その幕開けを飾ったのが、3月3日に渋谷WWW Xで行われた『SOUND & VISION』。「MUSIC×CREATIVE」をテーマに掲げ、音楽と映像とアートが一体となったこのイベントでは、クリエイターとのコラボレーションによって、DAOKO、HIFANA、きのこ帝国の3組が、この日だけのスペシャルなライブセットを披露。また、会場のロビーにはVR映像作品を体験できるブースが設置され、RADWIMPSの野田洋次郎によるソロプロジェクトillionのステーションIDや、水曜日のカンパネラの野外ライブをVRゴーグルで楽しむことができた。

10代最後のファンタジックなライブを披露したDAOKO

ライブアクトのトップバッターはDAOKO。彼女はライブを「総合芸術」と捉え、普段からステージとフロアの間に紗幕を下ろし、様々な映像を映し出すというクリエイティブな演出を行っている。この日は、LITEのVJなどを手掛けるKezzardrixと、プロダクションチームbackspacetokyoとのコラボレーションによって、リアルタイム生成によるモーショングラフィックス映像を使った演出が展開された。

DAOKO
DAOKO

1曲目の“かけてあげる”では、DAOKOがステッキを持ち、<魔法にかけてあげる>という歌に合わせてステッキを振ると、ファンタジックなグラフィックが現れる。また、“水星”ではDAOKOを包む水のドームが、サビで大きなミラーボールに変化したり、“ShibuyaK”ではGoogle Mapのごとく渋谷の街並みが平面と立体を行き来したりと、ダイナミックな動きはインパクト抜群だ。

さらに、“歌舞伎町の女王”では、普段のDAOKOのライブにも近い、デザインされた歌詞が映し出され、ラストはDAOKOが振り子の真ん中に立って、“ないものねだり”を披露。多彩な映像とライティングによる、あっという間の7曲だった。

ちなみに、DAOKOはこの日の翌日に20歳の誕生日を迎えたため、この日が10代最後のライブ。<迷子のオトナたちが 子供になりたがっている 迷子の子供たちが オトナになりたがっている>という歌詞に合わせて左右に揺れる振り子は、まさにオトナと子供の狭間にいたDAOKO自身を表したものだったのだろう。

DAOKO

鎮座DOPENESSも登場。いつまでも光る発想とユーモアに溢れるHIFANA×CRVJ

続いて登場したのは、普段からタッグを組むHIFANAとクリエイティブプロダクションCRVJによるコラボレーション。プログラミングやシーケンスを一切使わずに、サンプラーの手打ちでビートを叩き出し、さらには音と同期した映像が加わる手法はやはり面白い。

HIFANA
HIFANA

HIFANAは活動を開始した1998年から基本的にはこのスタイルを貫いていて、手法的にはオールドスクールだと言ってもいいだろう。しかし、技術が時代によって移り変わっても、発想やユーモアは古びないということを、彼らのステージは教えてくれる。なお、ライブ後半ではスペシャルゲストとして鎮座DOPENESSが登場。複数台のiPhoneによって撮影された姿がスクリーンに映し出される中、“Wake Up”“Mr.Beer”で会場を大いに盛り上げた。

HIFANA

きのこ帝国×MITCH NAKANOがフェティッシュに映し出した女性と花

HIFANAのライブ後は、昨年12月のデビュー記念日に3DVRでの生配信が行われた宇多田ヒカルのネットイベント『30代はほどほど』のメイキング映像が、4月のスペースシャワーTVでの本放送に先駆けて上映された。

ラストに登場したのはきのこ帝国。この日は雨のパレード、Gotch、DYGLなどのアーティスト写真やミュージックビデオを手掛ける新進気鋭の写真家 / 映像作家MITCH NAKANOとのコラボレーションが行われた。DAOKOやHIFANAが普段から映像を用いたライブを行っているのに対して、映像を用いたきのこ帝国のライブというのは、非常にプレミア度の高いものだったと言えよう。

きのこ帝国
きのこ帝国

1曲目を飾ったのは、ライブではなかなか聴くことができない“FLOWER GIRL”。きのこ帝国とMITCH NAKANOは、イベントに先駆けて行われた対談(きのこ帝国×MITCH NAKANO 初のコラボで表現する「死生観」)で、「花に死生観を投影する表現」という点において意気投合していたが、MITCH NAKANOらしい白を基調とした映像美の中、白人女性が手にしていたのは、やはり花であり、そこにはメッセージ性があったはずだ。

また、特にストーリー性があるわけではなく、2人の女性の様々な姿がフェティッシュに映し出されて行く映像は、ロードムービー的な感覚があり、もともとこの会場がミニシアターだったことを思い出させたりもした。

きのこ帝国

きのこ帝国

“MOON WALK”“LAST DANCE”と続いて、最後に演奏されたのは、対談でMITCH NAKANOが「一番好き」と言っていた“足首”。この曲もやはり、<街を抜けて花を探している>という歌詞が印象的だ。

そういえば、宇多田ヒカルの『Fantôme』や、その収録曲である“花束を君に”も、彼女の死生観が表れた曲であり、そんなリンクもこの日のライブを特別なものにしていたと言えるかもしれない。そして、この日のイベントの成功は、アーティストとクリエイター同士の花束を贈り合うようなリスペクトこそが、何より重要な鍵であったように思う。

イベント情報

『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』

2017年3月2日(木)~3月8日(水)

『SOUND & VISION』

2017年3月3日(金)
会場:東京都 渋谷 WWW X
ライブ:
きのこ帝国×MITCH NAKANO
DAOKO×Kezzardrix+backspacetokyo
HIFANA×GRVJ
上映:
『behind the scene-宇多田ヒカル30代はほどほど。』
『「illion × SPACE SHOWER TV 「Told U So」ステーションID」3DVR ver.』

番組情報

スペースシャワーTV
『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SPECIAL』

2017年3月30日(木)22:30~23:30

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開