レポート

ちゃんみな、JDHFCらが音と言葉で捉えた、今の若者たちの心模様

テキスト
天野史彬
撮影:相原舜 編集:山元翔一
ちゃんみな、JDHFCらが音と言葉で捉えた、今の若者たちの心模様

熱く幸福なグルーヴで揺らした音の旅crew

4月27日、音楽アプリ「Eggs」とCINRAの共同主催による無料音楽イベント『exPoP!!!!!』が、TSUTAYA O-nestにて開催された。レゲエやヒップホップなど、グルーヴィーな音楽性をメインとしたアクトが多く集まったこの日の『exPoP!!!!!』は、今、この国の若者たちのライフのなかで鳴り響く新たなグルーヴ感を見事に捉えた夜となった。

トップバッターは4ピースバンド、音の旅crew。レゲエやファンク、アフロなどを咀嚼したグルーヴィーなビート、ダブを昇華したディープなサウンドスケープ、そして熱量高いロック的なダイナミズムとパッション……それらが1曲1曲のなかで有機的に配合されていく彼らの音楽は、まさに「音の旅」という言葉がしっくりくる。

pepe(Gt,Vo)
pepe(Gt,Vo)

音の旅crew
音の旅crew

1曲目の“La La La”から最高潮のファンキーさでフロアを揺らし、いきなりシンガロングを先導してオーディエンスとの一体感を生み出せば、新曲“CROSS ROAD”や“LION”では、エモーショナルに、鋭く深い言葉を突き立てもする。バンドの生き様が言葉とグルーヴの両方から伝わってくる、熱く幸福なパフォーマンスを披露した。

「物語」と「沈黙」を同時に描くような凄まじさで圧倒したAun beatz

続いては、KANDYTOWNのメンバーでもあり、Base Ball BearやSuchmosの作品に客演するなど、ジャンルを横断した存在感を放つラッパーの呂布(Ryohu)、さらに、この後「Ryu Matsuyama」名義でも演奏を披露したRyu、Jacksonも在籍する5ピースバンド、Aun beatzが登場。

Ryohu
Ryohu

Aun beatzの魅力は、RyohuのラップとRyuの歌声が描き出す絶妙なコントラスト。静けさのなかにうごめくような力強さを感じさせるRyuの歌唱と、放出する熱量のなかに切れ味の鋭いクールネスを内包するRyohuのラップが、表裏一体の関係のように存在し合う。その様子は、「物語」と「沈黙」を同時に描くような凄まじさがある。

曲を経るごとにリズム隊の産み出すグルーヴも躍動感を増していき、ラストを飾った“Summertime”で、これからやってくる夏の幻影と共にスッと消えていく――Aun beatzのパフォーマンスは、そのステージ上で巻き起こった全てがロマンチックだった。

Aun beatz
Aun beatz

自らを曝し、魅せる。弱冠18歳のラッパー / シンガーちゃんみな

3番手は、弱冠18歳のラッパー / シンガー、ちゃんみな。「私、今18歳で、ラップとかやっているんですけどぉ、別に、ラップブームに乗っているわけじゃないんでぇ~」と、イマドキの10代女子感爆発な舌足らずな口調で、しかし、大人顔負けの強靭な意志をステージ上から発した彼女のパフォーマンスは、見事に「曝す」ことと「魅せる」ことを両立させていた。

ちゃんみな
ちゃんみな

冒頭、男女二人ずつのダンサーが登場し、ただならぬ空気をフロア全体に与えると、1曲目“FXXKER”が始まり、ちゃんみな本人が登場。その瞬間、ファンたちが熱狂と共に一斉にスマホでムービーを撮り始める。

男性ダンサーとの絡み合うようなパフォーマンスが艶めかしい“BEST BOY FRIEND”や、鋭いトラックの隙間から零れるメロウネスが切なさを誘う“LADY”など、ベースミュージックやヒップホップ、R&Bと、多彩なサウンドを見事に乗りこなすちゃんみな。日本と韓国のハーフである自分、女である自分、大人でも子どもでもない自分――その全てを「自分は自分でしか在れないのだ」と受け止め、肯定し、表現に昇華させることで生まれる強い意志と、表現者としての性を彼女の姿から感じた。

ちゃんみな

たった三人で巨大なスケール感と覚醒感を生み出すRyu Matsuyama

続いては、Aun beatzでも美声を響かせたRyu率いる3ピースピアノバンド、Ryu Matsuyama。1曲目は“Thinking Better”。「ギターレスの3ピース」という制約も多いミニマムな編成ながら、「どうすれば、こんなにも壮大な景色が浮かび上がるのだろうか?」と驚嘆せずにはいられないほどの音像が会場を覆う。

聴き手を光に誘うようなRyuの歌声と、雄大なメロディー。それとは対照的に、細かくリズムを刻むドラムが、入り組んだ曲の骨組みを強固に固め、深く太いベースは、曲に一層の奥行きを与える。三人が「歌を響かせる」というひとつ目的に向けて、それぞれの役目を果たし合うことで生まれる巨大なスケール感と覚醒感。「バンド」という表現方法がいかにして奇跡的な景色を描くのか、たった一人の男の歌がどれほど人の心の奥深くに到達できるのかを、Ryu Matsuyamaは体現する。

Ryu
Ryu

Ryu Matsuyama
Ryu Matsuyama

最後に演奏された“Paper Planes”の、まさに風にのって空に飛び立っていく紙飛行機のようなあたたかさと自由さが、本当に心地よかった。

若者たちの切なくて楽しくて愛おしい等身大のライフをすくい上げるJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB

そして、この日のトリを飾ったのは、4MCヒップホップクルー、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB。セッティング時から、オーディエンスに向かって「今からラップしま~す」「ラップするけど、怖くないですからね~」と呼びかけてしまう力みのなさと、誰も阻害しない間口の広さが、このクルーの持ち味。

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB

今の日本には、Creepy NutsやKOHH、KANDYTOWNなど、様々なベクトルの優れたヒップホップアーティストが存在するが、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBのサウンドとリリックは、満たされているようで満たされない、でも、自分自身に対する誇りだけは絶対に失わない――そんな、どこにでもいる若者たちの切なくて楽しくて愛おしい等身大のライフを、絶妙なユーモアやアイロニーと共にすくい上げる。1990年代的な華やかさを持ったものから、エレクトロニックでエモーショナルなものまで、多様なトラックに乗せて歌われる彼らの、そして僕らの日常風景と心象風景。

この日の『exPoP!!!!!』は、いつにも増して独自のファンクネスを持った出演者たちが集ったが、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBが、この日最後まで残った一人ひとりのオーディエンスに対して「あんたが最高にファンキーだよ!」と語りかけるようなパフォーマンスを披露してみせた。

ROVIN
ROVIN

ゆるやかで、陽気で、時に切なくて、でも自由で――そんな、今を生きる若者たちの歩調が伝わってくる夜だった。

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume96』

2017年4月27日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
Aun beatz
JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
Ryu Matsuyama
ちゃんみな
音の旅crew(オープニングアクト)
料金:無料(2ドリンク別)

Eggs×CINRA presents
『exPoP!!!!! volume97』

2017年5月25日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
evening cinema
ORESAMA
PELICAN FANCLUB
ササノマリイ
indischord(オープニングアクト)
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

音の旅crew
音の旅crew(おとのたびくるー)

2012年、前身バンド「ONTC」を経て活動開始。2013年6月、1stミニアルバム『owattehajimaru』を待望の全国リリース。7月には活動わずか1年で、『FUJI ROCK FESTIVAL "ROOKIE A GO-GO"』への出演を果たす。2015年6月、1stフルアルバム『LION』を全国のタワーレコードにて限定リリース決定。11月には、年間100本にも及ぶレコ発ツアーのファイナルとして渋谷TSUTAYA O-nestにてワンマンライブを開催。以後もライブを中心に、全国区で勢力的に活動中。レゲエ、ダブ、ロック、ファンク、アフロなど、様々な音の可能性を最大限に引き出し、際限なくミックスさせた楽曲性、演奏力の高さが各方面より大きな反響を呼び続ける。2017年6月7日に、ニューシングル『CROSS ROAD』のリリースを控えている。

Aun beatz
Aun beatz(あうんびーつ)

Ryohu(MC)、Markun(Gt,Cho)、Ryu(Key,Vo)、Kenshiro(Ba,Cho)、Jackson(Dr)が在籍する。森羅万象、A to Zまで阿吽のビートで音を紡ぎ合わせる音楽集団。2017年本格始動。

ちゃんみな
ちゃんみな

父親が日本人、母親が韓国人の韓国生まれ。日本語、韓国語、英語を話すトリリンガルJKラッパー / シンガー。6歳までは日本、韓国、アメリカを行き来しながらピアノやバレエを習う。小学校より東京で育ち、HIPHOP、JAZZ、GIRLSなどのダンスも始め、振り付けなども担当する程の才能を発揮。そして中学生で歌を始め、高校生になってから作曲とラップを始める。『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』の第9回大会に出場し、類いまれなるラップスキルと、観客を魅了するキャラクターで瞬く間に注目を集める。その後、唯一無二のラップとキャラクターが業界でも話題となり、全国ネットのテレビ番組に多数出演。2017年2月に配信リリースした『LADY』は、iTunes HIPHOPチャート1位を獲得。さらに、MV"FXXKER"は公開1か月弱でYouTube再生回数を100万回を突破!3月8日に1stアルバム『未成年』を発売、iTunesでは総合3位にチャートイン。

Ryu Matsuyama
Ryu Matsuyama(りゅう まつやま)

ピアノスリーピースバンド。イタリア生まれイタリア育ちのRyu(Pf,Vo)が2012年に「Ryu Matsuyama」としてバンド活動をスタート。2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(Ba)にJackson(Dr)を加え現メンバーとなる。2014年に1stミニアルバム『Thinking Better』を自主制作し、ライブ会場、iTunesで販売。2015年にはタワーレコードレーベルより2ndミニアルバム『Grow from the ground』をリリース。2016年2月六本木Super Deluxeにてワンマンライブを行う。2017年5月17日、ミニアルバム『Leave, slowly』をリリース、5月27日にはWWWでワンマンライブを開催する。

JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB(じゃば ざ はっと ふっとぼーる くらぶ)

ASHTRAY、BAOBAB MC、ROVIN、NOLOVからなる無敵のキャラ立ち4本マイク。昼夜・ジャンル問わずジャバザハッとさせちゃう銀河系クルー。2ndアルバム『OFF THE WALL』絶賛発売中!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)