特集 PR

子連れでも安心。都市型フェス『夏びらき』をレポ&インタビュー

『夏びらきMUSIC FESTIVAL』
テキスト
黒田隆憲
編集:山元翔一
子連れでも安心。都市型フェス『夏びらき』をレポ&インタビュー

東京、大阪、福岡の3都市で展開するフェス『夏びらき』

毎年初夏に開催される野外音楽フェスティバル『夏びらき MUSIC FESTIVAL』(以下、『夏びらき』)が、今年も開催され好評を博した。初めて『夏びらき』が、埼玉県・所沢航空記念公園で開催されたのは2007年。カフェやダイニングバー、ライブイベントスペースなど様々な業態の店舗・施設を展開する「株式会社エスエルディー」のメンバーたちの、「誰もが参加しやすい音楽フェスを作りたい」という極々シンプルな動機によりスタートした。

回を追うごとに改良を重ねたイベントは昨年10周年を迎え、3年目となる大阪・服部緑地野外音楽堂と、今年初の福岡県・博多埠頭緑地 サンセットパークを加えた3か所での開催となった。

所沢会場2日目、Creepy Nutsのステージの模様 / Photo by 北村勇祐
所沢会場2日目、Creepy Nutsのステージの模様 / Photo by 北村勇祐

東京、大阪の2都市で毎年開催される『SUMMER SONIC』を除くと、複数の都市でツアーのような形式のフェスを開催すること自体、他に例を見ない。このような形での開催に踏み切った理由とその裏にある想いについて、実行委員会にメールインタビューで話を訊いた。

夏びらき:ネット社会の今だからこそ、人と人とが直接触れ合う「きっかけ」や「リアルな場」を作る社会的意義が、とても大きくなっていると私たちは考えています。SNSで数百人とつながっていても、1年のうちで一体そのなかの何人と直接会い、時間を共にし、一緒に楽しめているでしょうか?

『夏びらき』は、もともとつながっている友人同士、恋人同士、家族同士が、同じ時間を共有し、一緒に楽しめる「きっかけ」「リアルな場」を作るべく、「誰もが気軽に参加しやすいフェス」を目指しています。そして、その私たちが理想とするフェスをあらゆる地域に、各地域のメンバーと共に展開していく。そういった動きを通じて、各地域の振興に貢献したいと考えているのです。

「誰もが気軽に参加しやすい」をどのように実現するのか?

『夏びらき』の特徴は、都心から1時間圏内に会場がある「都市近郊型の野外フェス」ということ。日帰りで楽しむことができるため、子どもを連れたファミリー層も気軽に参加することが可能だ。運営サイドも、たとえば12歳以下を入場無料にしたり、キッズ&ファミリーエリアや授乳&おむつ交換エリアを設置したりするなど、大人と子どもが一緒に楽しめるような工夫を随所に凝らしている。

キッズエリアの様子 / Photo by 北村勇祐
キッズエリアの様子 / Photo by 北村勇祐

Photo by 北村勇祐
Photo by 北村勇祐

さらに、アーティストも含めた全員で乾杯するコーナーなどもあり、参加者同士の交流が起こるようなきっかけ作りにも余念がない。

夏びらき:異なるライフスタイルやライフステージにいる様々な人々が直接触れ合う「きっかけ」となるためには、なるべくストレスなく、気軽に参加でき、一緒に楽しめる場を作るということが最も重要です。

『夏びらき』では、場所選び、空間設計、企画などすべてにおいて、ここをゴールとして、毎年試行錯誤、改善を繰り返しています。アクセスのよさ、開催時間の設定、居心地のよい会場、お子様連れの方への配慮など、すべてがそのために必要なことです。

Photo by 北村勇祐
Photo by 北村勇祐

七尾旅人から吉田山田まで。硬軟入り乱れたラインナップの狙いは?

「フェス入門」ということを裏テーマに置きながらも、ラインナップは硬軟入り乱れた、決して「優しい(易しい)」だけのものではない。その点も『夏びらき』ならではだ。FIRE BALLや韻シスト、SCOOBIE DOといったベテランはもとより、七尾旅人、ハンバート ハンバートなど脂の乗った中堅勢から、SANABAGUN.やiriといった次世代を担う新人まで、今年も豪華なラインナップとなった。こうしたブッキングにおいて、一番こだわっているのはどのようなことだろう。

夏びらき:様々な年代、キャリア、ジャンルのアーティストをブッキングすることにより、『夏びらき』という場が、普段は直接会ったり時間を共にしたりすることのない人たちが集まる「きっかけ」となることを目指しています。さらにその上で、来ていただいたお客様にとって、新たなアーティストや音楽との出会いにつながれば最高だと考えています。

所沢会場1日目、七尾旅人のステージの模様 / Photo by 北村勇祐
所沢会場1日目、七尾旅人のステージの模様 / Photo by 北村勇祐

なかでもRHYMESTERやSOIL&"PIMP"SESSIONS、TOSHI-LOW(BRAHMAN、OVER ACOUSTIC UNDERGROUND)など、お馴染みの顔ぶれが毎年登場するというのも、『夏びらき』の大きな特徴といえよう。アーティストとこのような近い距離で、イベントを開催できているというのは、運営サイドにとって大きな財産だ。

夏びらき:まだまだ歴史も浅く、行き届かない点も多いこのイベントの主旨に賛同し、毎回出演していただいているアーティストのみなさんには感謝しかありません。これから、『夏びらき』を各地域において根づかせていく活動のなかで、アーティストのみなさんにとっても、もっと意義や価値が生まれるフェスにしていきたいと考えています。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『夏びらきMUSIC FESTIVAL'17』

2017年7月1日(土)
会場:大阪府 服部緑地野外音楽堂
出演:
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
Nulbarich
七尾旅人
吉田山田
Nabowa
BASI(韻シスト)&THE BASIC BAND
iri
SOIL&"PIMP"SESSIONS
DJ:
SOUL ONE(Majestic Two)
MASATOSHI NAKAGAWA(FM802)
MC:竹内琢也(FM802)
デコレーション:大島エレク総業
キッズエリアプロデュース:SMILEKIDS GROUP

2017年7月8日(土)、7月9日(日)
会場:福岡県 べイサイドプレイス博多サンセットパーク
7月8日出演:
PUSHIM×韻シスト
さかいゆう
SANABAGUN.
吉田山田
Nabowa
iri
Colteco
サイプレス上野とロベルト吉野
7月9日出演:
SOIL&"PIMP"SESSIONS
RHYMESTER
FIRE BALL
SCOOBIE DO
佐藤タイジ×堂珍嘉邦
Creepy Nuts
Colteco
BimBomBam楽団
ライブペイント:WKW KEN IKEDA
DJ:
KC(chomoranma)
AKI YAMAMOTO
hisatoo(trearia、D&Lux、RJFF Atmosphere)
MC:TOM G(LOVE FM)
デコレーション:大島エレク総業
キッズエリアプロデュース:SMILEKIDS GROUP

2017年7月15日(土)〜7月17日(月・祝)
会場:埼玉県 所沢航空記念公園 野外ステージ
7月15日出演:
PUSHIM×韻シスト
ハンバート ハンバート
Nulbarich
七尾旅人
さかいゆう
片平里菜
ライブペイント:Gravityfree
MC:KTa☆brasil
DJ:
君嶋麻里江
gommissey
7月16日出演:
韻シスト
FIRE BALL
Creepy Nuts
吉田山田
iri
RHYMESTER
山岸竜之介
ライブペイント:Kads MIIDA
MC:KTa☆brasil
DJ:
君嶋麻里江
gommissey
7月17日出演:
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
SCOOBIE DO
SANABAGUN.
佐藤タイジ×堂珍嘉邦
Nabowa
SOIL&"PIMP"SESSIONS
ライブペイント:BLACK BELT JONES DC
MC:KTa☆brasil
DJ:Namy
君嶋麻里江
gommissey
デコレーション:大島エレク総業、Tree Gladness & Co. KSK(ケースケ)
キッズエリアプロデュース:SMILEKIDS GROUP

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

NIHA-C“リーダー”

ヒップホップに屋上はよく似合う。それがたとえグラフィティーが描かれていない、日本の屋上だとしても。決して絵に描いたような不良ではないNIHA-Cも、それは例外ではない。むしろ、彼から出てくる<お前がお前のリーダーだろ やりたいことやって良いんだよ>と「自由」をピースフルに語る言葉には、背景に広がる青空がとてもマッチしている。(久野)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言