特集 PR

野村友里が語る長島有里枝。写真展から見えた「戦い続ける姿」

『長島有里枝 そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧
野村友里が語る長島有里枝。写真展から見えた「戦い続ける姿」

1990年代半ばごろ。インターネットもSNSもない時代の日本で、若い女性写真家のデビューが相次いだムーブメントが起こった。それはいつからか「ガーリーフォト」「女の子写真」と呼ばれ、彼女たちがとらえた10代から20代ならではの瑞々しい写真は、年長の雑誌読者や同世代の女性たちから熱狂と共感をもって迎えられた。HIROMIX、蜷川実花、そして現在、東京都写真美術館で個展開催中の長島有里枝も、その潮流から現れたアーティストだ。けれども、彼女たちの表現は、本当に「かわいい」「きれい」「はかない」といった耳慣れた形容詞だけで説明できるものだったのだろうか?

今回、24年の長島有里枝の活動を振り返る個展を訪ねたのは、本人とも親交のあるフードディレクターの野村友里。フードクリエイティブチーム「eatrip」を主宰し、顔見知りも初対面の人も、みんなが一緒に食卓を囲む体験を生み出す彼女は、写真家としての友人の姿に何を見出すのか?

写真に記憶されている、中性的な独特の目の強さが、当時の有里枝ちゃんの気持ちを雄弁に訴えている。

会場入口。『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』という、料理のレシピを思わせるような展覧会名の印象についてから、野村は語り始めた。

野村:とっても有里枝ちゃんらしいと感じました。こないだ私のラジオにゲストで来てもらったのですが、本人は「写真をはじめてから24年が経って、これでひと区切り。だから、ちょうど端境期の展覧会なんだよね」って言っていました。

有里枝ちゃんと私はほとんど同年代で、仲のいい周りの友だちもそう。だから、みんなそれぞれに脱皮というかターニングポイントの時期が今だね、って意識があるんです。好きなことをやってきて、これからも続けていきたいって意識はある。でも同時に「次はどこに行こう?」って考えている。今日は、有里枝ちゃんの気持ちを作品から知る機会だなと思って楽しみにしてきました。

野村友里
野村友里

展覧会を案内するのは、キュレーションを担当した学芸員の伊藤貴弘。長島に向けて「初期作から最新作までを振り返る展覧会にしたい」と最初に提案した時、まだ振り返るタイミングじゃない気がすると、本人はわずかな戸惑いを見せたという。

野村:その気持ちはわかる気がします。自分ではまだまだ若いって気持ちがあるけど、周りからするともうベテランで、20代や30代のクリエイターのなかには小さい時に見て影響を受けてる、って方もいたりする。第三者が背中を押してくれることで、はじめて振り返る意識が出てくるんですよね。

野村友里

そして実現した本展は、1993年のデビュー作「Self-Portrait」から始まる。これは、1990年代にPARCOが主催していたアートコンペティション「アーバナート #2」でPARCO賞を受賞した作品で、ヌードの長島と家族を捉えた同作を審査員のアラーキー(荒木経帷)が激賞したことで、長島さんはアーティストとしてのデビューのきっかけを掴んだ。

野村:すごく有名な作品だと思うんですが、じつはちゃんと見るのは今日がはじめてなんです。有里枝ちゃんとの初対面はたしか10年前で、私は、過去よりも出会った時からの本人のことをたくさん知りたいと思うんです。

この写真の有里枝ちゃんも相当に尖ってるじゃないですか。もちろん当時の恋愛とか本人からいろいろ聞いているけれど、そうやって話で聞くよりも、写真に記憶されている、中性的な独特の目の強さが、当時の有里枝ちゃんの気持ちを雄弁に訴えていると思います。

「Self-Portrait」を見る様子
「Self-Portrait」を見る様子

Page 1
次へ

イベント情報

『長島有里枝 そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』

2017年9月30日(土)~11月26日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:一般800円 学生700円 中高生・65歳以上600円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料

プロフィール

野村友里(のむら ゆり)

フードディレクター。フードクリエイティブチーム「eatrip」を主宰。長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。母からゆずり受けた、日本の四季折々を表す料理やしつらえ、客人をもてなす心、をベースに食を通じて様々な角度から人や場所、ものを繋げ、広げている。初の監督作品となる食のドキュメンタリー映画『eatrip』は2009年公開、現在はDVD化され販売中。著書に『eatlip gift』(マガジンハウス)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」