特集 PR

あいみょん×Nulbarichの2マン 『Zoff Rock』は自由を肯定する

『Zoff Rock 2018』
テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜(本文中写真) 編集:久野剛士
あいみょん×Nulbarichの2マン 『Zoff Rock』は自由を肯定する

あいみょん、Nulbarichが同じステージに立ったプレミアムライブ

9月19日、東京キネマ倶楽部にて、メガネブランド「Zoff」主催の『Zoff Rock 2018』が開催された。メガネを通じた「音楽」と「ファッション」のクロスオーバーは、「周りと同じで安心する」という価値観に揺らぎを与えるものであった。

このイベントは、今年の「Zoff Sunglasses Collection 2018」のメインビジュアルに起用されたあいみょんとNulbarichによる2マンライブで、キャンペーンの当選者275組550名のみが参加できる完全招待制のプレミアムライブ。2組ともにもはや500人規模のキャパではなかなか見ることのできないアーティストであり、さらにはこの日のドレスコードであるアイウェアを着用したオーディエンスがフロアに溢れ返るという、非常に希少な一夜となった。

あいみょん
あいみょん
Nulbarich
Nulbarich

しかし、あいみょんとNulbarichは、特別音楽的な共通点があるわけではない。あいみょんの“愛を伝えたいだとか”はグル―ヴィーなベースラインが印象的なファンクチューンで、フリッパーズ・ギター~小沢健二のファンであることを公言する彼女のボーカルはときに独自のフロウを感じさせたりと、Nulbarichとシンクロする部分はあるものの、それはあくまで限定的。ただ、そういったジャンルうんぬんはさておき、「まず楽曲のクオリティーが評価され、SNSなどを通じて口コミで人気が広まった」というのがこの2組の共通点だ。

あいみょんのキャリアはYouTubeに楽曲をアップするところからスタートしているし、NulbarichのJQはプロデューサー業の時期が長かった人物。ともに根っからのフロントマンタイプではなく、ライブハウス叩き上げというわけでもない。一部では「音源よりもライブが重要」と言われる時代において、それは弱点とも捉えられかねないが、今年も夏フェスに多数出演するなど、近年数多くのライブを経験してきた両者は、この日その成果を存分に発揮していた。

ストレートに歌を届けるあいみょんと、オーディエンスを巻き込むNulbarich

世代の近い男性陣をバンドメンバーに従えたあいみょんのライブは、昨年発表されたアルバム『青春のエキサイトメント』のタイトル通り、青春の匂いを感じさせるフレッシュさが持ち味。曲のイントロでオーディエンスに手拍子を求めたりはするものの、基本的には真っ直ぐ歌を届けることを最優先にステージが進められる。

あいみょん
あいみょん

「根っからのフロントマンタイプではない」と書いたものの、あいみょんの歌唱力自体はデビュー時点からかなりのレベルにあり、いまではそこにステージ度胸も加わって、MCでオーディエンスに声をかけ、コミュニケーションを取る姿からは余裕も感じられる。「長く聴いてもらえる、そんな夏の曲になれば」と話して披露された“マリーゴールド”のスタンダード感は特に印象的だった。

あいみょん

一方のNulbarichは、JQがプロデューサー時代に知り合った手練れのプレーヤーを従え、素晴らしいバンドアンサンブルを聴かせる。JQはフラフラとステージ上を行ったり来たりして、ときにメンバーとじゃれ合うようなそぶりを見せながら、艶やかな歌声を響かせた。

Nulbarich
Nulbarich

7月にCINRA.NETで行ったあいみょんとの対談では、ライブについて「まだ『楽しませる』っていうフェーズには来てない気がします」と語っていたが、この日は曲中に「次はギターソロ、それからサビ」というように曲の構成を伝えてオーディエンスを導くなど、自分たちが楽しむと同時に、楽しませようとする姿勢も強く感じられた。また、“NEW ERA”や“It's Who We Are”といった人気曲はもちろん、遅いBPMでしっかりとグルーヴを紡ぎ、演奏力の高さを感じさせた“On and On”に、ライブバンドとしてのNulbarichの真骨頂が見えたように思う。

Nulbarich
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サービス情報

Zoff
『Zoffオンラインストア』

定番から最新トレンドまで幅広いラインナップ。オンラインでメガネ・サングラスが買える。

イベント情報

『Zoff Rock 2018』

2018年9月19日(水)
会場:東京都 東京キネマ倶楽部

出演:
あいみょん
Nulbarich

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性