特集 PR

あいみょん×Nulbarichの2マン 『Zoff Rock』は自由を肯定する

『Zoff Rock 2018』
テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜(本文中写真) 編集:久野剛士
あいみょん×Nulbarichの2マン 『Zoff Rock』は自由を肯定する

あいみょん、Nulbarichが同じステージに立ったプレミアムライブ

9月19日、東京キネマ倶楽部にて、メガネブランド「Zoff」主催の『Zoff Rock 2018』が開催された。メガネを通じた「音楽」と「ファッション」のクロスオーバーは、「周りと同じで安心する」という価値観に揺らぎを与えるものであった。

このイベントは、今年の「Zoff Sunglasses Collection 2018」のメインビジュアルに起用されたあいみょんとNulbarichによる2マンライブで、キャンペーンの当選者275組550名のみが参加できる完全招待制のプレミアムライブ。2組ともにもはや500人規模のキャパではなかなか見ることのできないアーティストであり、さらにはこの日のドレスコードであるアイウェアを着用したオーディエンスがフロアに溢れ返るという、非常に希少な一夜となった。

あいみょん
あいみょん
Nulbarich
Nulbarich

しかし、あいみょんとNulbarichは、特別音楽的な共通点があるわけではない。あいみょんの“愛を伝えたいだとか”はグル―ヴィーなベースラインが印象的なファンクチューンで、フリッパーズ・ギター~小沢健二のファンであることを公言する彼女のボーカルはときに独自のフロウを感じさせたりと、Nulbarichとシンクロする部分はあるものの、それはあくまで限定的。ただ、そういったジャンルうんぬんはさておき、「まず楽曲のクオリティーが評価され、SNSなどを通じて口コミで人気が広まった」というのがこの2組の共通点だ。

あいみょんのキャリアはYouTubeに楽曲をアップするところからスタートしているし、NulbarichのJQはプロデューサー業の時期が長かった人物。ともに根っからのフロントマンタイプではなく、ライブハウス叩き上げというわけでもない。一部では「音源よりもライブが重要」と言われる時代において、それは弱点とも捉えられかねないが、今年も夏フェスに多数出演するなど、近年数多くのライブを経験してきた両者は、この日その成果を存分に発揮していた。

ストレートに歌を届けるあいみょんと、オーディエンスを巻き込むNulbarich

世代の近い男性陣をバンドメンバーに従えたあいみょんのライブは、昨年発表されたアルバム『青春のエキサイトメント』のタイトル通り、青春の匂いを感じさせるフレッシュさが持ち味。曲のイントロでオーディエンスに手拍子を求めたりはするものの、基本的には真っ直ぐ歌を届けることを最優先にステージが進められる。

あいみょん
あいみょん

「根っからのフロントマンタイプではない」と書いたものの、あいみょんの歌唱力自体はデビュー時点からかなりのレベルにあり、いまではそこにステージ度胸も加わって、MCでオーディエンスに声をかけ、コミュニケーションを取る姿からは余裕も感じられる。「長く聴いてもらえる、そんな夏の曲になれば」と話して披露された“マリーゴールド”のスタンダード感は特に印象的だった。

あいみょん

一方のNulbarichは、JQがプロデューサー時代に知り合った手練れのプレーヤーを従え、素晴らしいバンドアンサンブルを聴かせる。JQはフラフラとステージ上を行ったり来たりして、ときにメンバーとじゃれ合うようなそぶりを見せながら、艶やかな歌声を響かせた。

Nulbarich
Nulbarich

7月にCINRA.NETで行ったあいみょんとの対談では、ライブについて「まだ『楽しませる』っていうフェーズには来てない気がします」と語っていたが、この日は曲中に「次はギターソロ、それからサビ」というように曲の構成を伝えてオーディエンスを導くなど、自分たちが楽しむと同時に、楽しませようとする姿勢も強く感じられた。また、“NEW ERA”や“It's Who We Are”といった人気曲はもちろん、遅いBPMでしっかりとグルーヴを紡ぎ、演奏力の高さを感じさせた“On and On”に、ライブバンドとしてのNulbarichの真骨頂が見えたように思う。

Nulbarich
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サービス情報

Zoff
『Zoffオンラインストア』

定番から最新トレンドまで幅広いラインナップ。オンラインでメガネ・サングラスが買える。

イベント情報

『Zoff Rock 2018』

2018年9月19日(水)
会場:東京都 東京キネマ倶楽部

出演:
あいみょん
Nulbarich

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される