特集 PR

『ケトル』編集長が講義。編集の力で、下水道の面白さに迫る

「東京地下ラボ by東京都下水道局」
テキスト
村上広大
撮影:前田立 編集:久野剛士、川浦慧(CINRA.NET編集部)
『ケトル』編集長が講義。編集の力で、下水道の面白さに迫る

みんなが気づいていない価値を見出す。ケトル嶋の考える「編集」の意味

「編集とは、情報を整理してわかりやすく伝えることだと捉えられています。でも、みんなが気づいていない価値を見つけ出す役割もあるんですね」

そう語るのは、株式会社博報堂ケトル代表取締役社長の嶋浩一郎。雑誌『ケトル』の編集長を務める、編集のスペシャリストだ。彼はその日、「東京地下ラボ by東京都下水道局」というプロジェクトのゲスト講師として学生の前に立っていた。

東京都下水道局が実施した下水道に関する都民意識調査によると、20代の下水道事業への関心が10%程度だった。「東京地下ラボ by東京都下水道局」とは、この状況を打破するために東京都下水道局が立ち上げたプロジェクト。今後3年かけて東京下水道の新たな可能性や魅力を発信し、若い世代の下水道への関心を高めていくという。

1年目となる2018年度のテーマは「下水道の魅力を、編集の力で若い世代に届ける」。デザイン、工学、科学など、異なるバックグランドを持つ学生が4人1組となり、下水道に関するZINEを制作していく。その最初のワークショップが、11月18日に首都大学東京で開催された。

嶋浩一郎(株式会社博報堂ケトル代表取締役社長)
嶋浩一郎(株式会社博報堂ケトル代表取締役社長)

嶋は簡単な自己紹介を済ませたあと、「編集とは?」について学生たちに語りはじめた。

:編集とは、みんなが気づいていない価値を見つけ出す役割があるんですね。それが下水道にもきっとあるはず。東京都下水道局の職員を「そういえば、そんな価値があったよね」と唸らせることができたら最高だと思います。

そうした、新しい価値を発見した事例として引き合いに出されたのが「10分どん兵衛」。本来、お湯を入れて5分待つどん兵衛を10分待って食べるという、芸人のマキタスポーツが発案した新たなカップうどんの食べ方だ。

:即席麺の価値は、早く食べられることだと長年考えられてきた。しかし、それは高度成長期だからこそ意味のあったこと。現代においては、3分や5分といった時間にこだわる必要はないですよね。あえて10分待つことで、よりおいしく食べられる。日清食品の社員ですら気づかなかった価値が、ここにあったわけです。

ワークショップ中の様子
ワークショップ中の様子

本屋や雑誌を例に、嶋が学生たちに伝える編集の面白さ

次に嶋が話題に挙げたのが本屋。自身も下北沢で「本屋 B&B」という書店を経営しているだけあり、その強いこだわりが垣間見えた。

:いい本屋ってどんなものだと思いますか? 僕は「買うつもりのない本を買ってしまう本屋」だと考えています。でも、そこで買ったものはいらないものではなく、ほしいから買うんですね。みなさんに作ってほしいZINEはまさにそういうもの。下水道のことを考えている若者なんてほとんどいないわけですよ。そういう人たちが面白いと思う情報が載ったZINEを作ることは、本屋と構造が近いと思います。

いまはインターネットで検索すれば、すぐに答えを見つけることができる。たとえば、コーヒーについて詳しく調べようと思ったら、検索窓にキーワードを入れてクリックすれば膨大な量の情報が手に入るわけだ。しかし、インターネットは万能ではない。そのことを嶋は学生たちに訴える。

:たとえば、いまから5分あげるから世界を構成する要素についてインターネットで検索していいと言われても、漠然としすぎて調べることができないんですよね。つまり、インターネットはある特定の言葉を知るときは便利だけれど、漠然としたテーマになればなるほどそれが難しくなる。

でも、本屋ではそれができる。平積みされている本ってすごい情報量があるんですよ。政治、経済、歴史、宇宙、恋愛って。それこそ、世界を構成する要素が詰まっている。本屋は、それらを発見する空間なんです。

嶋浩一郎

そして、話は雑誌の価値についても及んだ。「雑」の字が入っているとおり、雑誌は分類できないところが大事だ。気になっていた記事を読むつもりで買ったら、別の記事が面白くて読んでしまう。それを今回のZINE制作で実現できれば、と嶋は丁寧に説明する。

:『BRUTUS』(マガジンハウス)の編集長である西田善太さんが「インターネットには境界がないけれど、雑誌にははじまりと終わりがある」って必ず言うんだけど、本当にそうなんですよね。いかに取捨選択していくかが大事。『BRUTUS』は、『BRUTUS』の視点で情報をセレクトして世界観を生み出している。それがあるからこそ、その雑誌のことを好きになるわけです。今回は、自分たちでその世界観を作らないといけません。でなければ、これも面白いね、あれも面白いねっていう話でしかなくなってしまう。

だから、まずは選択基準となる世界観を考えてください。その次に切り口。どういった視点で紹介するかが大切です。残念ながらボツになるアイデアもたくさんあると思うけれど、本当にいい企画にたどり着くためには削ぎ落としていくことも重要。もしかしたら、誰かひとりが独善的に決めていくほうがいいかもしれない。それをグループでよく相談してください。

続けて嶋は、「なにが面白いかを発見するのが編集」と楽しそうに笑う。

:最近は、人々のコンテンツとの付き合い方がもったいないと感じています。たとえば、「泣ける本」とか「年収が増える本」とかを買って、すぐに結果や正解を求めようとする。でも、コンテンツの本当の楽しさって、偶然の事件が起こるかもしれないっていうワクワク感にある。本当は、無駄はことがとても大切なんです。

「100人いれば、100通りの編集がある」と嶋は発言していたが、自分だけの正解を見つけていくのが編集の醍醐味だろう。約60分という短い時間だったが、嶋のさまざまな言葉は、参加者たちの胸に深く残ることになっただろう。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『東京地下ラボ by東京都下水道局 下水道の魅力を、編集の力で若い世代に届ける』ワークショップ

2018年11月18日(日)
八王子市 首都大学東京 南大沢キャンパス
講師:株式会社博報堂ケトル 嶋浩一郎

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事