特集 PR

ジャルジャル、会田誠、しりあがり寿が探るアートと笑いの境界線

『ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線』
テキスト
杉原環樹
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)
ジャルジャル、会田誠、しりあがり寿が探るアートと笑いの境界線

「アートと笑いに境界はあるのか、ないのか、いろんな方法で確かめたい」

2月2日、厳かな雰囲気の漂う横浜市開港記念会館の講堂で、ある一風変わったイベントが開催された。「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」。普段は結びつくことのないお笑いとアートの領域で活躍するプレイヤーが集い、そのあいだにあるかもしれない共通性や接点を、実演を交えて探ろうという趣旨だ。

主催は、3年に1度横浜で開催される現代アートの国際展『横浜トリエンナーレ』の組織委員会。アートファン以外にもアートを身近に感じてもらう機会を作りたいとの思いから、放送作家の倉本美津留に声をかけ、倉本が主宰として企画したイベントが実施された。

『アートと笑いの境界線』メインビジュアル
『アートと笑いの境界線』メインビジュアル
会場となった横浜市開港記念会館
会場となった横浜市開港記念会館

『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)などを手がけてきた倉本は、近年、ふと笑ってしまうアート作品を紹介する番組『アートはアーホ!』(フジテレビ系)や、『アー!!ット叫ぶアート Ah!!rt』(フジテレビ系)など、アートをテーマとした活動を多く行なっていることでも知られる。

イベントの冒頭、倉本は「アートと笑いに境界はあるのか、ないのか、いろんな方法で確かめたい。クリエイティブなことを笑いに包まれながら感じる。そんな体感ができると、新しい世界が開けるんじゃないかと思っています」とコメント。結果がまったく予想できないこの試み。はたして壇上では、どんなことが起きるのだろうか?

倉本美津留
倉本美津留

シュルレアリスムの手法を使って、ジャルジャルが即興でコントを披露

イベントは、大きく3部構成。その第1部「超コントLIVE」には、倉本とジャルジャルが登場した。2003年結成のジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)は、漫才のお約束を逆手にとったメタな設定や、言葉遊びを駆使した笑いで知られるコンビ。そのスタイルのコンセプチュアルな性格から、もともとアートとは親和性の高いコンビだと言える。

そんな彼らが今回挑んだのは、「超コント」。複数の人間がバラバラに持ち寄った要素を組み合わせることで、そこに予想外の世界を出現させる、20世紀前半のシュルレアリスムの制作手法「優美な屍骸」に着想を得たアイデアで、観客が思い思いの言葉を書いた前後2枚の紙を、舞台上でくじ引きによってランダムに合体。偶然に生まれた言葉をもとに、その場で即興コントをするという、素人目にも過酷な企画だ。

緊張の1回目。ジャルジャル自身が引いた言葉の組み合わせは、「野性の」+「駅」、「色とりどりの」+「ラブラブキス」、「めっちゃ強そうな」+「大聖堂」の3つ。

手元に伏せられたカードの組み合わせをスクリーンに投影。ジャルジャルの2人がカードをめくっていく
手元に伏せられたカードの組み合わせをスクリーンに投影。ジャルジャルの2人がカードをめくっていく
お題を選ぶジャルジャル
お題を選ぶジャルジャル

カードをめくるたび、会場から笑いが漏れる。と同時に、これがどうコントになるのかという緊張感も高まった。3つから倉本が選んだのは「野性の駅」。すると、舞台は数秒もかからないうちに暗転。すぐに光が戻ると、舞台上には後藤が1人立っていた。

ジャルジャル「野性の駅」のヒトコマ
ジャルジャル「野性の駅」のヒトコマ

「この辺にあるはずやねんけどなあ」と、駅を探す後藤。そこに、舞台の上手から「プシュー」と声を上げながら「駅」となった福徳が現れ、下手に去っていく。「いまの何やったんや!?」と戸惑う後藤。すると今度は、行方不明の駅を探す「電車」となった福徳が現れ、「乗せて」と頼む後藤に「駅がないと止まれない」と言い残して消える。

このやりとりが何度か繰り返され、最後はついに駅と電車が同時に登場。一緒に付いていこうとする駅を、電車と後藤がなだめ、事の不可解さに呆然とする後藤を乗せた電車が立ち去る場面で「チャンチャン」の効果音。即興とは思えないほどの完成度だった。

ジャルジャル「野性の駅」のヒトコマ
ジャルジャル「野性の駅」のヒトコマ
Page 1
次へ

イベント情報

『ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線』
『ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線』

2019年2月2日(土)
会場:神奈川県 横浜市開港記念会館

『超コント』
出演:
ジャルジャル
倉本美津留

『アートと笑いの境界線』
登壇:
ジャルジャル
千原徹也
倉本美津留
AKI INOMATA
青田真也
LEEKANKYO
田中偉一郎

『しゃべつくり』
出演:
しりあがり寿
会田誠
倉本美津留

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される